『戦争日記 ~鉛筆1本で描いたウクライナのある家族の日々 ~ 』の詳細情報

戦争日記
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 戦争日記
サブタイトル 鉛筆1本で描いたウクライナのある家族の日々
著者 [著者区分]■オリガ・グレベンニク [著・文・その他]
■チョン・ソウン [翻訳]
■奈倉 有里 [監修]
■渡辺 麻土香 [翻訳]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
1450円 シリーズ
ページ数 136p Cコード 0098
発売予定日 2022-09-05 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784309208633 判型 46変形
内容紹介
侵攻前夜から始まる地下室での避難生活、ハリコフ(ハルキウ)からリヴォフ(リヴィウ)、ポーランドを経てブルガリアへ逃れる過程を絵と文章で綴った、鉛筆で描かれた ドキュメンタリー。
目次
著者略歴(オリガ・グレベンニク)
1986年ウクライナのハリコフ(ハルキウ)生まれ。絵本作家。9歳の息子と4歳の娘の母。『ママ、怒らないで』などの絵本を出版。挿絵を描いたすべての本はベストセラーとなり、イラスト作品も世界各国で人気。
著者略歴(チョン・ソウン)
ロシア文化の専門家でおもに執筆や通訳・翻訳を行っている。
著者略歴(奈倉 有里)
82年東京生まれ。ロシア国立ゴーリキー文学大学卒業、東京大学大学院博士課程満期退学。著書に『夕暮れに夜明けの歌を』『アレクサンドル・ブローク 詩学と生涯』、訳書に『手紙』『陽気なお葬式』など。
著者略歴(渡辺 麻土香)
東京女子大学現代文化学部卒業。書籍やウェブ小説、テレビ番組の字幕など幅広いジャンルの翻訳に携わる。訳書に『アンコンタクト非接触の経済学』『マンガで学ぶ恐竜の生態』『韓国の「街の本屋」の生存探究』など。
他の書籍を検索する