『首相が撃たれた日に』の詳細情報

首相が撃たれた日に
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 首相が撃たれた日に
サブタイトル
著者 [著者区分]■ウズィ・ヴァイル [著・文・その他]
■広岡 杏子 [翻訳]
■母袋 夏生 [翻訳]
■波多野 苗子 [翻訳]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
2900円 シリーズ
ページ数 248p Cコード 0097
発売予定日 2022-10-26 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784309208688 判型 46変形
内容紹介
軍隊生活、テロ、ホロコースト、過酷な歴史と未来。逃げようのない現実と、その中の愛と孤独。イスラエル屈指のストーリーテラーがユーモアと諧謔を交えて描く珠玉の短篇傑作選
目次
著者略歴(ウズィ・ヴァイル)
1964年、ホロコースト第二世代としてイスラエルで生まれる。作家・コラムニスト・脚本家。カーヴァーなどの翻訳も手がける。長篇に『五つの夢』『世界を消した男』など、短篇集に『嘆きの壁を移した男』など。
著者略歴(広岡 杏子)
1982年、東京生まれ。英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)ヘブライ語・ユダヤ学部卒業。エルサレム・ヘブライ大学RIS修士課程卒業。訳書に、ケレット『銀河の果ての落とし穴』など。
著者略歴(母袋 夏生)
1943年長野県生まれ。イスラエル文学翻訳の第一人者。訳書に、ケレット『突然ノックの音が』『クネレルのサマーキャンプ』、オルレブ『走れ、走って逃げろ』、『お静かに、父が昼寝しております』など。
他の書籍を検索する