『セロトニン』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル セロトニン
サブタイトル
著者 [著者区分]■ミシェル・ウエルベック [著・文・その他]
■関口 涼子 [翻訳]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
1100円 シリーズ 河出文庫
ページ数 376p Cコード 0197
発売予定日 2022-09-06 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784309467603 判型 文庫(A6)
内容紹介
巨大化学企業を退職した若い男が、過去に愛した女性の甘い追憶と暗い呪詛を交えて語る現代社会への深い絶望。白い錠剤を前に語られる新たな予言の書。世界で大きな反響を呼んだベストセラー。
目次
著者略歴(ミシェル・ウエルベック)
1958年フランス生まれ。ヨーロッパを代表する作家。98年『素粒子』がベストセラー。2010年『地図と領土』でゴンクール賞受賞。15年には『服従』が世界中で大きな話題を呼んだ。『ある島の可能性』など。
著者略歴(関口 涼子)
1970年生まれ。詩人・翻訳家。訳書に、P・シャモワゾー『素晴らしきソリボ』、J・エシュノーズ『ラヴェル』など。多和田葉子、杉浦日向子など、日本の小説・コミックのフランス語訳も数多く手がけている。
他の書籍を検索する