『親衛隊士の日』の詳細情報

親衛隊士の日
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 親衛隊士の日
サブタイトル
著者 [著者区分]■ウラジーミル・ソローキン [著・文・その他]
■松下 隆志 [翻訳]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
1280円 シリーズ 河出文庫
ページ数 280p Cコード 0197
発売予定日 2022-09-06 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784309467610 判型 文庫(A6)
内容紹介
2028年に復活した帝国では、親衛隊士たちが特権を享受している。貴族や民衆への暴力、謎の集団トリップ、真実を見通す点眼女、蒸風呂での奇妙な儀式。ロシアの現在を予言した傑作長篇。
目次
著者略歴(ウラジーミル・ソローキン)
1955年ロシア生まれ。83年『行列』でデビュー。「現代文学のモンスター」と呼ばれる。2010年『氷』でゴーリキー賞受賞。おもな作品に『青い脂』『マリーナの三十番目の恋』『氷三部作』『テルリア』など。
著者略歴(松下 隆志)
1984年大阪生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。著書に『ナショナルな欲望のゆくえ』、訳書に、ソローキン『氷三部作』『テルリア』、『青い脂』(共訳)、ザミャーチン『われら』など多数。
他の書籍を検索する