『死について! 上 ~あらゆる年齢・職業の人たち63人が堰を切ったように語った。 ~ 』の詳細情報

死について! 上
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 死について! 上
サブタイトル あらゆる年齢・職業の人たち63人が堰を切ったように語った。
著者 [著者区分]■スタッズ・ターケル [著・文・その他]
■築地 誠子 [翻訳]
■野沢 佳織 [翻訳]
■金原 瑞人 [翻訳]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
1270円 シリーズ 河出文庫
ページ数 440p Cコード 0198
発売予定日 2022-11-08 ジャンル 一般/文庫/外国文学、その他
ISBN 9784309467658 判型 文庫(A6)
内容紹介
ピューリッツァー賞作家にしてオーラルヒストリーの名手による伝説的インタビュー集、待望の復刊。看護師・刑事・元死刑冤罪者・原爆被爆者・戦争退役軍人・牧師・物理学者など多様な人々が死について語る
目次
著者略歴(スタッズ・ターケル)
1912-2008。ニューヨーク生まれ。シカゴ大学卒業。多様な階層の人々へのインタビューによって描かれる「口述の歴史(オーラルヒストリー)」は多くの名著を生んだ。著書『仕事!』『よい戦争』(ピューリッツァー賞)他。
著者略歴(築地 誠子)
翻訳家。訳書にサラ・ローズ『紅茶スパイ』、ジャイルズ・ミルトン『さむらいウィリアム』、アン・ギャレルズ『プーチンの国』(ともに原書房)、アルマン・M・ルロワ『ヒトの変異』(みすず書房)他。
著者略歴(野沢 佳織)
翻訳家。訳書にマデリン・ミラー『キルケ』(作品社)、ルータ・セペティス『凍てつく海のむこうに』(岩波書店)、 ロバート・ウェストール『禁じられた約束』『遠い日の呼び声』(ともに徳間書店)他。
著者略歴(金原 瑞人)
1954年、岡山県生まれ。翻訳家。法政大学社会学部教授。訳書は児童書、ヤングアダルト小説、一般書、ノンフィクションなど、600点以上。著書に『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』他。
他の書籍を検索する