『インドへの道』の詳細情報

インドへの道
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル インドへの道
サブタイトル
著者 [著者区分]■小野寺 健 [翻訳]
■E・M・フォースター [著・文・その他]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ 河出文庫
ページ数 560p Cコード 0197
発売予定日 2022-10-06 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784309467672 判型 文庫(A6)
内容紹介
大英帝国統治下のインドの地方都市を舞台に、多様な登場人物の理解と無理解を緻密に描き、人種や宗教、東洋と西洋、支配と非支配といった文化的対立を、壮大なスケールで示した不朽の名作。
目次
著者略歴(小野寺 健)
1931年横浜生まれ。翻訳家・横浜市立大学名誉教授。おもな訳書に、ドラブル『碾臼』、ロレンス『息子と恋人』、ブルックナー『秋のホテル』、『オーウェル評論集』など多数。2018年没。
著者略歴(E・M・フォースター)
1879年ロンドン生まれ。20世紀イギリスを代表する小説家・批評家。異文化間の相互理解をめぐる名作を多く遺した。おもな長篇に『ハワーズ・エンド』『眺めのいい部屋』など。1970年没。
他の書籍を検索する