『アマゾン探検記』の詳細情報

アマゾン探検記
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アマゾン探検記
サブタイトル
著者 [著者区分]■ウィリアム・ルイス・ハーンドン [著・文・その他]
■泉 靖一 [翻訳]
■関野 吉晴 [解説]
出版社 河出書房新社 レーベル 世界探検全集
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 296p Cコード 0398
発売予定日 2022-11-24 ジャンル 一般/全書・双書/外国文学、その他
ISBN 9784309711867 判型 46変形
内容紹介
密林を分け奔流と闘い6200キロに及ぶ大アマゾンの流域をくまなく踏査。現地の風俗や習慣、各地の産物や交易品の数々を紹介した臨場感溢れる探検記の名著。ナビゲーション:関野吉晴。
目次
著者略歴(ウィリアム・ルイス・ハーンドン)
アメリカ合衆国の軍人。1851年、合衆国海軍大臣の命に従い、アマゾン河流域の情報収集のため、ペルーよりアマゾン河口までを探検。各地の産業発達の状態、風俗・人口・産物・交易品・気候・地下資源などを調査。
著者略歴(泉 靖一)
京城大学教官としてニューギニア、オロチョン族、蒙古族の調査に専念。東京大学助教授となってからは、文化人類学部門の創設・充実に尽力。「東京大学アンデス学術調査団」を組織し、古代アンデス文明の解明に貢献。
著者略歴(関野 吉晴)
1949年東京生まれ。探検家、医師。アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全流を下る。93年よりグレートジャーニーに挑み、02年2月10日、タンザニア・ラエトリに到着。99年、植村直己冒険賞を受賞。
他の書籍を検索する