『徳川家康と三河家臣団』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 徳川家康と三河家臣団
サブタイトル
著者 [著者区分]野中信二 [著・文・その他]
出版社 学陽書房 レーベル
本体価格
(予定)
850円 シリーズ
ページ数 384p Cコード 0193
発売予定日 2022-11-21 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784313753044 判型 文庫(A6)
内容紹介
2023年大河ドラマは松本潤主演「どうする家康」です。家康が何度もの苦境から家臣団とともに乗り越えていく内容を1冊で。桶狭間、三方ヶ原、伊賀越え、関ヶ原など家康名場面を舞台に家康と三河家臣団の絆を描いた小説。
目次
8/30現在。変更の可能性あり
人質 桶挾間 清洲同盟 三河一揆 遠江統一 姉川 三方ヶ原 長篠 信康自刃 武田滅亡 伊賀越え 天正壬午の乱 小牧長久手 数正出奔 小田原陣 和解 秀吉の死 関ヶ原
著者略歴(野中信二)
1952(昭和27)年、姫路市生まれ。
岐阜大学医学部卒業後、京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科教室に入局。大阪北野病院に勤務し、その後姫路市にて耳鼻咽喉科を開業する。
主な著書、『籠城』『軍師 黒田官兵衛』『長州藩人物列伝』(人物文庫)『高杉晋作』など。
他の書籍を検索する