『子ども家庭福祉の形成と展開』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 子ども家庭福祉の形成と展開
サブタイトル
著者 [著者区分]■井村 圭壯 [編集]
■今井 慶宗 [編集]
出版社 勁草書房 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 176p Cコード 3036
発売予定日 2022-02-15 ジャンル 専門/単行本/社会
ISBN 9784326701223 判型 A5
内容紹介
「指定保育士養成施設指定基準」の「子ども家庭福祉」科目の目標に沿った内容。保育士・社会福祉士など子どもに関わる専門職必携。

科目「子ども家庭福祉」の目標、?現代社会における子ども家庭福祉の意義と歴史的変遷、?子どもの人権擁護、?子ども家庭福祉の制度と実施体系、?子ども家庭福祉の現状と課題、?子ども家庭福祉の動向と展望を網羅。また新しい情報をできるだけ取り入れ、課題や政策動向を多面的に考えられるよう配慮した。
目次
著者略歴(井村 圭壯)
井村 圭壯(いむら けいそう) 
1955年生まれ。現在:岡山県立大学教授。博士(社会福祉学)。保育士。 主書:『戦前期石井記念愛染園に関する研究』(西日本法規出版,2004年),『日本の養老院史』(学文社,2005年),『日本の社会事業施設史』(学文社,2015年),『社会事業施設団体の形成史』(学文社,2015年)。
著者略歴(今井 慶宗)
今井 慶宗(いまい よしむね) 
1971年生まれ。現在:関西女子短期大学准教授。社会福祉士・保育士。主書:『子どもと社会的養護の基本』(共編著,学文社,2017年),『社会福祉の基本体系』(第5版)(共編著,勁草書房,2017年),『保育実践と児童家庭福祉論』(共編著,勁草書房,2017年),『社会福祉の形成と展開』(共編著,勁草書房,2019年)。
他の書籍を検索する