『兎の島』の詳細情報

兎の島
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 兎の島
サブタイトル
著者 [著者区分]■エルビラ・ナバロ [著・文・その他]
■宮﨑真紀 [翻訳]
出版社 国書刊行会 レーベル
本体価格
(予定)
3200円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 0097
発売予定日 2022-10-07 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784336073631 判型 46
内容紹介
川の中洲で共食いを繰り返す異常繁殖した白兎たち、
耳から生えてきた肢に身体を乗っ取られた作家、
レストランで供される怪しい肉料理と太古の絶滅動物の目撃譚、
死んだ母親から届いたフェイスブックの友達申請……

今、世界の文芸シーンでブームの渦中にある〈スパニッシュ・ホラー〉の旗手による、11篇の鮮烈な迷宮的悪夢が本邦初上陸!!!

現実と地続きに現出する奇怪な歪み、底知れぬ不安と恐怖を、
生理的嫌悪感を催すような濃密で冷たい筆致で描き切った、
現代スペインホラー文芸の旗手による11篇の鮮烈な傑作怪奇幻想短編集!

*〈スパニッシュ・ホラー文芸〉とは*
マリアーナ・エンリケス、ピラール・キンタナ、サマンタ・シュウェブリン、フェルナンダ・メルチョール、グアダルーペ・ネッテル――今、スペイン語圏の女性作家が目覚ましい躍進を遂げている。作家によっては三十か国以上で翻訳され、世界中で好評を博すなど、現代文芸シーンにおける一大ブームとなっている。中でも、社会的なテーマを織り込みながら、現実と非現実の境界を揺るがす不安や恐怖を描いた作品群である〈スパニッシュ・ホラー文芸〉は、特に高く評価され、全米図書賞などの著名な賞の候補にも作品が上がるなど、今、最も注目すべき熱い文芸ジャンルの一つである。そして、このほど本書で初めて邦訳紹介するスペインの新進作家エルビラ・ナバロも、その代表的な書き手として数えられる。

作者エルビラ・ナバロは世界最大の文学誌Granta誌(英)のスペイン語圏ベスト若手作家にも選出された気鋭の作家。
本書の英訳版(2021)は、ニューヨーク・タイムズ紙、ロサンゼルス・タイムズ紙などの各紙誌でも絶賛され、同年の全米図書賞翻訳文学部門ロングリストにノミネートされた。

「この作家は生まれながらの文学的才能に恵まれている」エンリケ・ビラ=マタス
「不安を掻き立てる、カフカ風ですばらしい語り口」マヌエル・ジョレンテ

La isla de los conejos, 2019

【目 次】
ヘラルドの手紙
ストリキニーネ
兎の島
後戻り
パリ近郊
ミオトラグス
地獄様式建築に関する覚書
最上階の部屋
メモリアル
歯茎
占い師

謝辞
訳者あとがき
目次
ヘラルドの手紙
ストリキニーネ
兎の島
後戻り
パリ近郊
ミオトラグス
地獄様式建築に関する覚書
最上階の部屋
メモリアル
歯茎
占い師

謝辞
訳者あとがき
著者略歴(エルビラ・ナバロ)
Elvira Navarro
作家。1978年スペイン南部アンダルシア州ウエルバ生まれ。マドリード・コンプルテンセ大学で哲学を修めた後、2004年にマドリード市若手作家コンテストで最優秀賞を獲得。2007年に長篇『冬の街』でデビュー。2009年に『幸福の街』で第25回ハエン文学賞、第4回トルメンタ賞最優秀新人作家賞を受賞。2010年には英国最大の文芸誌『グランタ』が選ぶ「35歳以下のスペイン語圏作家ベスト22」の一人に選出。2014年に『働く女』、2016年に『アデライダ・ガルシア゠モラレス最後の日々』を刊行。2019年に刊行した短篇集『兎の島』は、第26回アンダルシア批評家賞短篇賞を受賞。2021年に英訳が刊行され大きな話題を呼び、同年の全米図書賞翻訳小説部門のロングリストにも選出された。長篇はリアリスティックな作品が多い一方で、短篇では、日常の現実に、奇怪でシュールリアリスティックな非現実が侵食する不安と恐怖をおもに描く。
著者略歴(宮﨑真紀)
宮﨑真紀
スペイン語圏文学・英米文学翻訳家。東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。最近の訳書に、ポー、ラヴクラフト、ギルマン他『怖い家』(エクスナレッジ)、カルメン・モラ『花嫁殺し』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、ジョルジャ・リープ『プロジェクト・ファザーフッド アメリカで最も狂暴な町で「父」になること』(晶文社)、スザンナ・キャハラン『なりすまし 正気と狂気を揺るがす、精神病院潜入実験』(亜紀書房)、ガブリ・ローデナス『おばあちゃん、青い自転車で世界に出逢う』(小学館)、ビクトル・デル・アルボル『終焉の日』(東京創元社)などがある。
他の書籍を検索する