『目で見てわかる認知症の予防』の詳細情報

目で見てわかる認知症の予防
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 目で見てわかる認知症の予防
サブタイトル
著者 [著者区分]秋下 雅弘 [監修]
出版社 成美堂出版 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 2047
発売予定日 2022-12-14 ジャンル 実用/単行本/医学・歯学・薬学
ISBN 9784415332291 判型 A5
内容紹介
近年の研究で、認知症の12のリスク因子を改善することができれば、最高で40%の予防効果が得られることがわかりました。
本書では、科学的に根拠のある認知症予防法を、見やすいビジュアル図解で徹底解説。
何を食べて、どう生活するか。健康寿命はあなた次第です。
認知症を予防したい中高年に役立つ一冊。
目次
Prologue: 最新医学で、認知症のリスクを減らす
 ● 長寿化により、認知症の人は年々増えている
 ● 認知症リスクは、ライフスタイルで変えられる!
 ● どの段階でも予防が大事。できることから始めよう!

【Part1】 4大認知症のしくみと症状を知る

 <MCI(軽度認知障害)>
  ● 神経細胞の変性は中年期から始まっている
  ● 正常に戻る例も多く、予防効果は高い
 <4大認知症>
  ● 記憶障害だけじゃない。判断力や実行機能も低下する
  ● 興奮、妄想などのBPSDで人間関係も悪化する
 <1:アルツハイマー病>
  ● 不要なたんぱく質がたまり、海馬周辺が委縮する
  ● 記憶障害に始まり、時間、場所などもわからなくなる
  ● ゆるやかに進むが、やがては日常生活が困難に
 <2:血管性認知症>
  ● 脳梗塞などで起こる。アルツハイマー病との合併も多い
  ● 歩行障害、失認、失語、言語障害が、早期から生じる
 <3:レビー小体型認知症>
  ● 「レビー小体」という異常構造物が原因で起こる
  ● パーキンソン病と同じような症状が出やすい
 <4:前頭側頭用変性症>
  ● 「タウたんぱく」などが脳の前方、側方にたまる
  ● 性格の変化がサイン。衝動的になりやすい
 <その他の認知症>
  ● 正常圧水頭症や薬剤性など、治せる認知症もある

【Part2】 認知症リスクを治療する

 <糖尿病>
  ● 生活習慣病のうち、とくに危険なのが糖尿病
  ● インスリン抵抗性が「糖尿病性認知症」を引き起こす ほか
 <肥満>
  ● 中年期に太っていると認知症リスクが1.88倍に
  ● 運動でやせたほうが、認知症予防効果が高い  ほか
 <高血圧>
  ● 血管性認知症のリスクもアルツハイマー病のリスクも高まる
  ● 運動で血圧を下げると認知症になりにくい  ほか
 <脂質異常症>
  ● 総コレステロール251以上で、リスクが1.9倍に
  ● 心血管病のリスクが高いなら、老年期も治療を
 <感覚機能障害>
  ● 「歳のせい」と放置せず、集音器や補聴器を使う
  ● 嗅覚の低下も、認知機能と関係している
 <うつと孤立>
  ● 「MCI+うつ」で認知症リスクが倍増する
  ● 老年期こそ、友人関係が大事。社会的孤立を防ぐ
 <睡眠障害>
  ● 睡眠時間5時間以下だと認知症になりやすい
  ● 薬を使う場合は、ベンゾジアゼピン系以外に
 <脳梗塞>
  ● 再発で認知機能が悪化。抗血栓薬は必ず続けて
  ● 抗血小板薬は、アルツハイマー病予防にも有効

【Part3】 認知症リスクを予防する

 <食生活>
  ● 地中海食をとり入れて、和洋折衷メニューに
  ● 肉も魚も1日1回。赤身肉で「かむ力」を高める
  ● 炭水化物はほどほどに。食事の中心にしない  ほか
 <運動>
  ● よく歩き、よく動く人は認知症になりにくい
  ● ジョギングなどの有酸素運動を習慣に  ほか
 <認知機能トレーニング>
  ● 動きながら頭を使う「コグニサイズ」が有効
  ● 「記憶」「推論」「言語」のうち、困っている機能を鍛える  ほか
 <禁煙>
  ● 1日1箱のタバコで認知症リスクが34%アップ
  ● 「いまから禁煙」でもOK。家族のリスクも減らせる
 <口腔ケア>
  ● 20本以上の歯をキープ。あわない義歯は調整する
 <薬>
  ● 持病の薬が認知症のリスクに!?高齢者は一度見直しを

【Part4】 早期に気づいて、進行を防ぐ

 <早期発見のポイント>
  ● もの忘れと違い、できごと自体を覚えられない
  ● できていたことができなくなったら、認知症を疑って
  ● 見た目の老化も、認知機能低下のサイン
 <検査>
  ● 家庭では Mini-Cog、医療機関ではMMSEなどを実施
  ● 画像検査を必ず受け、治せる認知症を見逃さない
  ● 高齢者に多いうつや、せん妄との鑑別も重要
 <治療>
  [アルツハイマー病] 薬で進行を遅らせる。ただし副作用には注意
  [血管性認知症] 抗血栓薬などで再発による悪化を防ぐ
  [レビー小体型認知症] ドネペジルのほか、抗パーキンソン病薬も有効  ほか
 <生活とケア>
  ● 発症したあとも、三次予防の視点で支える
  ● できることに焦点をあて、生活機能と習慣を保つ
  ● 認知症カフェなどで、人とのかかわりをもち続ける
他の書籍を検索する