『行政書士合格者のための ウェブマーケティング実践講座』の詳細情報

行政書士合格者のための ウェブマーケティング実践講座
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 行政書士合格者のための ウェブマーケティング実践講座
サブタイトル
著者 [著者区分]■遠田 誠貴 [著・文・その他]
■竹内 豊 [監修]
出版社 税務経理協会 レーベル
本体価格
(予定)
2100円 シリーズ
ページ数 208p Cコード 3034
発売予定日 2024-02-20 ジャンル 専門/単行本/経営
ISBN 9784419069759 判型 46
内容紹介
「集客」から「受任」まで― 行政書士を続けていくために必要な「Webを活用したマーケティング」の基本戦略
目次
1章 開業前に必要な心構え
・準備不足のままで開業するな
・法律の勉強をやりすぎない
・自分の知識・経験・人脈の棚卸しをする
・専門特化が重要である理由
・仮説と検証を繰り返す
・すべては顧客目線で考える
・マイナス要素を排除する
・お客様の問題解決にフォーカスする
2章 行政書士として稼ぐための基本戦略
・行政書士が廃業する理由は1つしかない
・行政書士業にマーケティングが欠かせない理由
・士業マーケティングの「甘さ」とは?
・行政書士は稼げない資格ではない
・すべてのビジネスに共通する売上の3要素
・客数・客単価・購入頻度を増やす方法
・サラリーマンから経営者のマインドに切り替える
・お金を捨てる勇気を持つ
・借金は悪ではない
・どんな手段でもいいから売上を増やす
3章 集客方法の種類と特徴
・リアル営業とウェブ営業の違い
・リアル営業のメリット・デメリット
・ウェブ営業のメリット・デメリット
・ブログの活用法
・SNSの活用法
・YouTubeの活用法
4章 ホームページの作り方
・集客ツールとしてのホームページの作成法
・事務所のホームページは必要ない
・ランディングページは業務特化型にする
・コンテンツは自前、デザインは外注
 ・競合分析を徹底する
・スマホ対応は必須
・ランディングページの基本要素
・ファーストビューが一番重要
・信頼感を与えるためのポイント
5章 リスティング広告の活用法
・リスティング広告の基本的な仕組み
・リスティング広告の始め方
・キーワードを設定する
・入札単価を上げてトップ掲載を狙う
・広告文は複数用意しておく
・1カ月の予算を決めておく
・最初の1件を受任するまで続ける
・結果が出たら徐々に広告費を上乗せする
・広告費に対して売上が少ない場合
6章  問い合わせ・相談・受任のポイント
・問い合わせの準備を万全にする
・メールの問い合わせには電話をかける
・会って相談するように持ち込む
・問い合わせの9割はハズレ
・「今すぐ客・検討客・そのうち客・聞くだけ客」を区別する
・面談前の準備
・面談で気をつけること
7章 こんなときどうする? Q&A
Q 自分で調べてもわからないことがあるときはどうすればいいですか?
Q お客様から違法なことを持ちかけられたらどうすればいいですか?
Q 入管業務をやるには英語ができないといけないですか?
Q リスティング広告の運用を業者に外注してもいいですか?
Q 仕事が増えたら人を雇って組織化をするべきでしょうか?
Q 仕事でミスをしてしまった場合、どのように対処すれば良いでしょうか?
Q お客様の説明が事実と違うことがあとから判明したら、どうすれば良いでしょうか?
Q 最初に決めた業務単価が割に合わないと感じてきたら、価格を上げても良いでしょうか?
Q「ドローン飛行許可申請」などのマイナーな業務を専門にしても大丈夫でしょうか?
Q 開業セミナーは受けた方が良いですか?
他の書籍を検索する