『本当は怖い 京ことば』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 本当は怖い 京ことば
サブタイトル
著者 [著者区分]大淵幸治 [著・文・その他]
出版社 リベラル社 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0076
発売予定日 2022-01-19 ジャンル 一般/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784434297595 判型 46
内容紹介
京都在住60年の著者が収集した、ナマの「京会話」を徹底解説!
目次
著者略歴(大淵幸治)
立命館大学文卒。コピーライターや編集者としての経験をもとに80年代後半から唱え始めた<意匠ことば学>の見地から京都ジンの言語生理を読み解く。京に住いすること半世紀以上に及ぶ「非」京都人としてユニークな京都人論、京ことば論を唱える。2000年に上梓された『丁寧なほどおそろしい「京ことば」の人間関係学』は京都本ブームの先駆けとなった。
他の書籍を検索する