『性格はいかに選択されるのか〈新装版〉』の詳細情報

性格はいかに選択されるのか〈新装版〉
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 性格はいかに選択されるのか〈新装版〉
サブタイトル
著者 [著者区分]■岸見一郎 [翻訳]
■アルフレッド・アドラー [著・文・その他]
出版社 アルテ レーベル アドラー・アンソロジー
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 0011
発売予定日 2022-12-12 ジャンル 一般/単行本/心理(学)
ISBN 9784434311260 判型 46
内容紹介
人はどのように自らの性格を選択するのか、どうすれば性格は改善することができるのか?アドラーの膨大な著作からテーマごとに編集されたアドラー・アンソロジー第一弾!                                            時代を一世紀先駆けしているといわれるアドラーの言葉から、現代社会が直面する諸問題を解決する糸口を探る。本書では、人生の課題にいかに勇気を持って取り組めるか、その方法を具体的に明らかにする。
目次
はじめに
第一章 真の原因はどこに  
第二章 性格概論
第三章 性格のタイプ分け  
第四章 攻撃的性格   
第五章 非攻撃的性格                                              第六章 その他の性格  
第七章 情 動   
第八章 家族布置
引用・参考文献
著者略歴(岸見一郎)
1956年、京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門はギリシア哲学、アドラー心理学。著書に『アドラーを読む』『アドラーに学ぶ』(ともにアルテ)、訳書にアルフレッド・アドラーの『人生の意味の心理学』『個人心理学講義』『生きる意味を求めて』『人間知の心理学』『人はなぜ神経症になるのか』『子どもの教育』『教育困難な子どもたち』『子どものライフスタイル』『個人心理学の技術Ⅰ・Ⅱ』(以上アルテ)エドワード・ホフマンの『アドラーの生涯』(金子書房)などがある。
著者略歴(アルフレッド・アドラー)
1870年―1937年。オーストリアの精神科医。1902年からフロイトのウィーン精神分析協会の中核的メンバーとして活躍したが、1911年に学説上の対立から脱退した。フロイトと訣別後、自らの理論を個人心理学と呼び、全体論、目的論などを特色とする独自の理論を構築した。ナチズムの台頭に伴い、活動の拠点をアメリカに移し、精力的な講演、執筆活動を行ったが、講演旅行の途次、アバディーンで客死した。
他の書籍を検索する