『人格を育てるための健康相談part2 ~―事例を通して― 考える編 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 人格を育てるための健康相談part2
サブタイトル ―事例を通して― 考える編
著者 [著者区分]野口法子 [著・文・その他]
出版社 翔雲社 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 Cコード 3037
発売予定日 2024-08-06 ジャンル 専門/単行本/教育
ISBN 9784434342462 判型
内容紹介
2017年発行の中学校編を大幅加筆した続編。事例を元に考察しつつ、“養護教諭の専門性とは何か”ということに触れながらわかりやすく述べる。第1章では、事例を通して「子どもたちを主人公にした教育」と「SOAP」を説明する。第2章では、現役養護教諭の事例から学びを深め、第3章では、幼児に対する教育についても学ぶ。事例パートは、物語風の記述とSOAP の記録という構成になっており、著者や著者の教育プログラムを受講した卒業生が、養護教諭として子どもたちをどのように支援しているのかを学ぶことができる。子どもの抱える問題が多様化する中、数々の事例を追体験することで、その実態や変化をいち早く把握し、子どもを主人公にした支援や教育をどのように実施していけばよいのかを各自が考え出すことも本書の目的である。子どもの理解と支援の実際を学びつつ、学生が自ら新しい何かを発見していく、次の世代の養護教諭に伝えたい一冊。
目次
はじめに/第1章 子どもたちを主人公にした教育とSOAP/1)こんな時どうする?/事例1-3/2)何が課題かを考える!/事例4-10/3)それぞれの課題を見つけるためには/4)SOAPでの毎日の記録やサマリーを作成することのメリッ卜/第2章 現役養護教諭の事例から学ぼう?/事例11-18/第3章 幼稚園での事例から見えてくるもの 子どものSOSサインには何があるのか考えよう/事例19/1)理想の保健室を考えよう/事例20/第4章 まとめ/1)子どもが主人公の教育/2)教育観を発見するには/3)SOAPと養護教諭の専門性/参考文献/おわりに
著者略歴(野口法子)
関西福祉科学大学健康福祉学部健康科学科 教授/1981年 京都市立看護短期大学卒業/1984年3月 岡山大学教育学部養護教諭特別別科卒業/1984年4月~/2005年3月 京都市立中学校勤務/2005 年4月~ 2009年3月 京都市立小学校勤務/2009年 3月 滋賀大学大学院障害児教育専攻卒業/2009年4月~関西福祉科学大学にて現在に至る
他の書籍を検索する