『人生をもっと“快適”にする急がない練習 ~「がんばりすぎ」をやめる47のヒント ~ 』の詳細情報

人生をもっと“快適”にする急がない練習
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 人生をもっと“快適”にする急がない練習
サブタイトル 「がんばりすぎ」をやめる47のヒント
著者 [著者区分]名取 芳彦 [著・文・その他]
出版社 大和書房 レーベル だいわ文庫
本体価格
(予定)
740円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0195
発売予定日 2022-10-08 ジャンル 一般/文庫/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784479320302 判型 文庫(A6)
内容紹介
いつ、どんなことが起こっても、マイペースで心おだやかに過ごしたい。
仏教は、そのための“レシピ”なのです。

著作累計100万部の和尚が伝える「自分のこころ」の守り方。

いつも何かに急かされている気がして、ストレスを感じる。
思い切り休みたいけど、のんびりすることに罪悪感がある……。
とかく効率化を重視するのが現代社会。
時にそんな気持ちになったとしても、無理はありません。

しかし、仏教は、心をおだやかにしたいのなら、なるべく「苦」からは脱したほうがいいとします。
お釈迦さまからの「肩の力を抜いて、ホッと一息つけるヒント」を、本書から探してみませんか。
・あなたを急かしているのは「他人」より「自分自身」かも?
・「急かす人」「自分のペースを乱す人」……ちょっと困ったへの対処法
目次
1章 むやみに「急がない」
・あなたを急かしているのは「他人」より「自分自身」かも!?
・「急がないとダメだ」「ちゃんとしないとダメだ」地獄からそっと抜け出そう

2章 いちいち「気に病まない」
・「迷惑をかけ合う」って案外、大事です
・その「うっかり」が、相手への“いい刺激”になるかもしれない

3章 つい、人に「イライラ」しそうになったら
・「こうすべき」を手放すと、世界が広がるよ
・つい、他人に「ダメ出し」をしたくなったら、こう考える

4章 ときには「割り切ること」も必要
・「人付き合い」も「自分付き合い」も、もっとドライでいい
・想定外のアクシデント?「対処法」なんて無数にあるから、大丈夫!


5章「無理に白黒つけない」というブッダの智慧
・「とりとめもない会話」の偉大な効力
・「モヤッとする一言」は、こんなユーモアで撃退!
他の書籍を検索する