『その昔、N市では ~カシュニッツ短編傑作選 ~ 』の詳細情報

その昔、N市では
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル その昔、N市では
サブタイトル カシュニッツ短編傑作選
著者 [著者区分]■マリー・ルイーゼ・カシュニッツ [著・文・その他]
■酒寄 進一 [翻訳]
出版社 東京創元社 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0097
発売予定日 2022-09-30 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784488011178 判型 46
内容紹介
日常に忍びこむ幻想。戦慄の人間心理。
奇妙な出来事が人々を翻弄する――。
その、巧みな一撃。
戦後ドイツを代表する女性作家の名作を集成した、
全15作の日本オリジナル短編集!

ある日突然、部屋の中に巨大な鳥が現れる「ロック鳥」、旅行から帰ったら、自分が死んだと知らせてきた女がいたという話を聞く「六月半ばの真昼どき」、見た夢と現実が区別がつかなくなっていく少女を描く「ジェニファーの夢」、間違えて違う船に妹を乗せてしまった兄のもとに、常軌を逸していく妹の手紙が届き続ける「船の話」。日常に幻想が忍び込み、人間心理の恐さが背筋を震わせる。戦後ドイツを代表する女性作家の粋を集めた、本邦初訳7作を含む全15作の傑作短編集!

■目次
「白熊」
「ジェニファーの夢」
「精霊トゥンシュ」
「船の話」
「ロック鳥」
「幽霊」
「六月半ばの真昼どき」
「ルピナス」
「長い影」
「長距離電話」
「その昔、N市では」
「見知らぬ土地」
「いいですよ、わたしの天使」
「人間という」
目次
他の書籍を検索する