『彼女は水曜日に死んだ』の詳細情報

彼女は水曜日に死んだ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 彼女は水曜日に死んだ
サブタイトル
著者 [著者区分]■リチャード・ラング [著・文・その他]
■吉野 弘人 [翻訳]
出版社 東京創元社 レーベル
本体価格
(予定)
2100円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 0097
発売予定日 2022-10-31 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784488011192 判型 46
内容紹介
あなたは正しく生まれたのに、歪んでしまった。
目撃者、看守、前科者、密入国者の親戚・・・・・・。
犯罪に関わりを持ってしまった
人々の孤独と一筋の光。
CWA賞最優秀短編賞受賞作を含む忘れがたい10編。

ギャングの少年の殺人を目撃した女性は、報復を恐れて通報するか苦悩する(「ベイビー・キラー」)。1988年フランスで、8人の子供を殺した囚人と看守の奇妙な交流を描く(「ボルドーの狼」)。メキシコから密入国する親戚を救うため、少年は父と山火事が広がる国境地帯に踏み入る(「灰になるまで」)。犯罪に関わった人々の孤独と希望を、美しく切なく真摯に描く。CWA賞最優秀短編賞受賞作を含む傑作短編集!

■目次
「悪いときばかりじゃない」
「ベイビー・キラー」
「ボルドーの狼」
「万馬券クラブ」
「夕闇が迫る頃」
「本能的溺水反応」
「聖書外典」
「すべてのあとに」
「甘いささやき」
「灰になるまで」
目次
著者略歴(リチャード・ラング)
アメリカ、カリフォルニア州オークランド出身。2008年にデビュー短編集Dead Boysを刊行した。Angel Baby(2013)で同年のハメット賞を受賞。2015年、短編集『彼女は水曜日に死んだ』(2015)に収録されている「聖書外典」と「甘いささやき」が、2作同時に英国推理作家協会(CWA)賞最優秀短編賞の最終候補に選ばれ、「聖書外典」が受賞するという快挙を成し遂げた。同書所収の「ベイビー・キラー」はアンソロジー『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2012』の収録作に選ばれている。その他の著作にThe Smack(2017)、Rovers(2021)などがある。
他の書籍を検索する