『おしゃべり すきすき』の詳細情報

おしゃべり すきすき
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル おしゃべり すきすき
サブタイトル
著者 [著者区分]■原ペコリ [著・文・その他]
■皆川泰代 [監修]
出版社 永岡書店 レーベル 0.1.2才 おしゃべり絵本
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 24p Cコード 8081
発売予定日 2024-08-13 ジャンル 児童/単行本/日本語
ISBN 9784522440797 判型 B6変形
内容紹介
◎たのしいイラストを見ながら赤ちゃんとおしゃべりできる!
◎赤ちゃん語で発語を促す!
◎発語のスペシャリストのアドバイスつき!

まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんでも、声を発することでなにかを伝えようとします。
新生児の泣き声が、お母さんの胎内で聞いた音に影響を受けているデータもあるほど、赤ちゃんは周りの環境から日々学習し、声を出しているのです。
その学習は、生後約2年間で劇的に進むとされていますが、実はその成長に気がつけない大人も多いのです。
「あー」「うー」「まんま」といった、まだ言葉になっていない声にも、赤ちゃんの意図や感情がしっかりとあります。本書では喃語(なんご)や赤ちゃん語をたくさん紹介しています。
赤ちゃん語とは、赤ちゃんが発音しやすい言葉をさします。
養育者がたのしく赤ちゃんの発語を促すことによって、赤ちゃんはどんどんおしゃべりが増えていきます。そして、赤ちゃん語や喃語の段階でコミュニケーションを重ねることで、「もっとコミュニケーションをとりたい!」という気持ちが育まれ、言葉を発する意欲につながっていくのです。
目次
著者略歴(原ペコリ)
原ペコリ・さく
絵本作家。イラストレーター。猫が大好き。代表作に『スライムぴぴぴ』(スクエア・エニックス)などがある。
著者略歴(皆川泰代)
皆川泰代・監修
慶應義塾大学文学部教授・慶応義塾大学赤ちゃんラボ主宰。専門は言語心理学、発達心理学、認知神経科学。
他の書籍を検索する