『そだちの科学 39号 ~逆境体験とそだち ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル そだちの科学 39号
サブタイトル 逆境体験とそだち
著者 [著者区分]■土屋 賢治 [編集]
■杉山 登志郎 [編集]
■村上 伸治 [編集]
■滝川 一廣 [編集]
■田中 康雄 [編集]
出版社 日本評論社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 112p Cコード 9411
発売予定日 2022-10-11 ジャンル 雑誌扱い/ムック・その他/心理(学)
ISBN 9784535907393 判型 B5
内容紹介
虐待をはじめとした小児期逆境体験の長期的な影響(そだち)を考える。ACE研究のインパクトから、各臨床現場での取り組みまで。
目次
●特集によせて―――――


特集/逆境体験とそだち

Ⅰ=逆境体験とは何か(総論)
     逆境がもたらすもの――心的外傷・愛着障害・逆境体験……………………………滝川一廣
     逆境体験とは何か…………………………………………………………………………八木淳子
     ACE研究とは何か………………………………………………………………………若林巴子
     逆境体験の脳科学………………………………………………………………………滝口慎一郎
     ライフコース疫学から見る逆境体験……………………………………………………藤原武男

Ⅱ=逆境体験をめぐって(各論)
     逆境に強い子――レジリエンスをめぐって…………………………………………杉山登志郎
     逆境体験の最新生物学――恐怖を記憶する神経回路…………………………………小野真樹
     逆境体験と差次感受性モデル……………………………………………………………黒木俊秀
     逆境体験とアタッチメント………………………………………………………………山下 洋

Ⅲ=さまざまな現場から
     学校ACE(学校における小児期逆境体験)の問題…………………………………和久田学
     逆境とそだち、適応と非行――司法臨床の視点から…………………………………門本 泉
     社会的養育の現場から……………………………………………………………………富田 拓
     アディクション臨床の現場から…………………………………………………………小林桜児
     コロナ禍で増加した若者の自殺を考える………………………………………………二宮貴至

Ⅳ=エッセイ・逆境体験を生き抜いて
     逆境を自覚する…………………………………………………………………………菊池真理子
     サバイブの果てにある「問題行動」へのスティグマ…………………………………風間 暁
     児童養護施設という私の家族……………………………………………………………山本昌子
     ともに歩む尊厳を取り戻す道……………………………………………………………日置真世

     ブックガイド・そだちに寄り添う
     『ぼくらの心に灯ともるとき』――青木省三―――――杉山登志郎
     『人間の発達とアタッチメント』――L・アラン・スルーフ他―――――内海新祐
     『共感の正体』――山竹伸二―――――小林隆児
     『発達障害児と家族への支援』――髙橋 脩―――――清水康夫


●連載―――ラーニングダイバーシティの夜明け…………………………………………村中直人
       ⑦これからの日本の教育とラーニングダイバーシティ
      子どもを性暴力の加害者にも被害者にもしないために……………………藤岡淳子
       ②「力」の信奉と暴力


      編集ノート
著者略歴(土屋 賢治)
浜松医科大学子どものこころの発達研究センター特任教授
著者略歴(杉山 登志郎)
福井大学子どものこころの発達研究センター客員教授
著者略歴(村上 伸治)
川崎医科大学精神科学教室准教授
著者略歴(滝川 一廣)
あなはクリニック医師
著者略歴(田中 康雄)
こころとそだちのクリニック むすびめ院長
他の書籍を検索する