『スペインの家 ~三つの物語 ~ 』の詳細情報

スペインの家
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル スペインの家
サブタイトル 三つの物語
著者 [著者区分]■J.M.クッツェー [著・文・その他]
■くぼた のぞみ [翻訳]
出版社 白水社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ 白水Uブックス
ページ数 124p Cコード 0297
発売予定日 2022-11-26 ジャンル 一般/新書/外国文学小説
ISBN 9784560072448 判型 新書(B40)
内容紹介
本邦初訳のノーベル文学賞受賞記念講演を収録!

クッツェーが南アフリカからオーストラリアへ移住して、ノーベル文学賞を受賞した時期に書かれた珠玉の3篇。
「スペインの家」:それまでの暮らしに別れを告げて国外に移り住む心づもりを、皮肉とユーモアを交えて描く。
「ニートフェルローレン」:幼い頃から暮らした土地への〈失われない〉愛と惜別の思いが滲むと同時に、解放後の南アフリカが経済的には理想と異なる方向へ進んでいくことへの失意が、喪失感とともに語られる。
「彼とその従者」:かつてはイギリスの植民地だった土地で生まれ、英語を第一言語として育ち、英語で作品を書くクッツェーが、ロビンソン・クルーソーの物語と自身の体験を寓意に織りこんだノーベル文学賞受賞記念講演。2003年12月、ストックホルムでクッツェーはこの講演を行ない、聴衆を大いなる疑問符のなかへ置き去りにした。その全文を、日本の読者に初めて紹介する。
目次
他の書籍を検索する