『反乱者』の詳細情報

反乱者
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 反乱者
サブタイトル
著者 [著者区分]■ジーナ・アポストル [著・文・その他]
■藤井 光 [翻訳]
出版社 白水社 レーベル エクス・リブリス
本体価格
(予定)
3700円 シリーズ
ページ数 340p Cコード 0097
発売予定日 2022-10-28 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784560090787 判型 46
内容紹介
語りの実験性を駆使した、超絶メタフィクション長篇

 フィリピン出身のミステリー作家兼翻訳者マグサリンは、新作小説の案を練り始める。そこへ一件のメールが届く―送信者はその小説の主人公である、映画監督キアラだった。
 キアラの父親も映画監督であり、1970年代にベトナム戦争中の米軍による虐殺事件を扱った映画をフィリピンで撮影したのち、失踪していた。キアラは、1901年にフィリピン・サマール島のバランギガでも同様の事件が起きていたことを知り、それをみずから映画化するために、マグサリンに現地での通訳を願い出たのだ。
 こうして始まった二人の旅の物語に、キアラが書いた映画の脚本の主人公、1901年当時のサマール島に上陸したアメリカ人の女性写真家カッサンドラの物語が絡み合う。彼女が目撃するのは、米比戦争で駐屯する米軍と服従を強いられる島民という、支配と被支配の構図だ。マグサリンはその脚本に、実在の女戦士、フィリピン人のカシアナ・ナシオナレスを登場させる。かくして米比戦争の虐殺事件をめぐる物語は、さまざまに視点を変え、時空を超越して、交錯していく……。
 フィリピン出身の作家が放つ、超絶メタフィクション長篇。
目次
他の書籍を検索する