『最新版 指輪物語6 王の帰還 下』の詳細情報

最新版 指輪物語6 王の帰還 下
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 最新版 指輪物語6 王の帰還 下
サブタイトル
著者 [著者区分]■瀬田貞二 [翻訳]
■田中明子 [翻訳]
■J・R・R・トールキン [著・文・その他]
出版社 評論社 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ
ページ数 408p Cコード 0197
発売予定日 2022-10-19 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784566023949 判型 文庫(A6)
内容紹介
瀬田・田中訳の集大成
フロドをオークの手から奪い返した忠実なサム。二人は、助け合いながら最後の使命を果たすべく滅びの罅裂を目指す。一方、冥王の目をフロドたちから逸らすべく、黒門前に兵を進めたガンダルフやアラゴルンをはじめとする西国の勇士たちは、圧倒的な兵力の差のため暗黒の渦に吞み込まれようとしていた……
ここに「一つの指輪」をめぐる物語の大団円を迎える。
目次
著者略歴(瀬田貞二)
1916~1979年。現東京都文京区に生まれる。東京帝国大学国文科卒業。第二次世界大戦後、東京府立第三中学校に復職し、教師の傍ら雑誌に児童文学作品を投稿。後、平凡社勤務を経て、児童文学の創作、翻訳、評論の分野で活躍。1959年自宅に瀬田文庫を開き、毎週土曜日の午後に自宅を開放していた。代表的な作品『なんきょくへいったしろ』『あふりかのたいこ』など、再話『かさじぞう』『ふるやのもり』など、翻訳『指輪物語』のほかに『ホビットの冒険』『ナルニア国物語』などがある。
著者略歴(田中明子)
1926~2020年。現中華人民共和国山東省の青島市に生まれる。第二次世界大戦勃発のころ、同志社女子専門学校英文科にて学ぶ。終戦後、引き揚げ。慶應義塾大学文学部入学。卒業後は、都立新宿高校の定時制で英語を教える。1950年代半ば、瀬田貞二氏に会う。北極星文庫『この湖にボート禁止』を翻訳。60年代初め、モントリオールで2年を過ごし、ヨーロッパ、エジプト、インドを回って帰国。主な作品として、瀬田氏と共訳の『指輪物語』他、『シルマリルの物語』『トーマス・ケンプの幽霊』『砦』『魔の山』他多数。
著者略歴(J・R・R・トールキン)
1892~1973年。南アフリカのブルームフォンテンに生まれ、3歳のとき、イギリスに移住。オックスフォード大学卒業。第一次世界大戦に従軍後、1925年からオックスフォード大学教授。中世の英語学と文学を中心に講じた。『指輪物語』は、20世紀最高のファンタジーとされる。これに先立つ物語として『ホビットの冒険』『シルマリルの物語』『ベレンとルーシエン』があるほか、児童向けの作品に『トールキン小品集』『サンタ・クロースからの手紙』などがある。
他の書籍を検索する