『夜明けまえ、山の影で エベレストに挑んだシスターフッドの物語』の詳細情報

夜明けまえ、山の影で エベレストに挑んだシスターフッドの物語
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 夜明けまえ、山の影で エベレストに挑んだシスターフッドの物語
サブタイトル
著者 [著者区分]■シルヴィア・ヴァスケス=ラヴァド [著・文・その他]
■多賀谷 正子 [翻訳]
出版社 双葉社 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 512p Cコード 0098
発売予定日 2022-11-17 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784575317640 判型 46
内容紹介
2016年、エベレスト。最も暗い夜明けまえ。性暴力の記憶の影を振り払い人生を取り戻すため、女たちはこの山を歩いた。
過去から、未来から、女たちの声が響き合う。連帯と共助の登山記。

「シルヴィアは戦士だ。その力強く温かい声は、彼女がいかに人生における最悪の瞬間から立ち上がり、誰かの標になろうとしてきたかを物語る。この本は弱さ、共感、無私の心がもつ力の証明だ。ここに描かれた、彼女が手にした強さと勇気に敬意を覚える」
——セレーナ・ゴメス(俳優、本書原作映画主演)

幼少期の性的虐待や父による支配が少女に落とした影。
それはやがて、さらなる苦悩と喪失を連れてきた。
人生を取り戻すために登山家となった彼女が挑んだのは、同じ性暴力サバイバーの女性たちとエベレストを歩く旅。互いの心の傷を差し出しあい、守りあうことで得た力を手に、彼女はそのままひとり、この母なる山の頂上へと向かう。凍てつく吹雪、世界の果てまではびこる男性至上主義、そして幾たびも訪れる死線。その先に見た光景とは——。
オープンリー・レズビアン初の七大陸最高峰登頂者が実体験と半生を綴った、心震わせる極限のシスターフッドの記。
Silvia Vasquez-Lavado “In the Shadow of the Mountain”の完訳。
目次
他の書籍を検索する