『1980年 早実 ~大ちゃんフィーバーの真実 ~ 』の詳細情報

1980年 早実
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 1980年 早実
サブタイトル 大ちゃんフィーバーの真実
著者 [著者区分]佐伯 要 [著・文・その他]
出版社 ベースボール・マガジン社 レーベル 再検証 夏の甲子園 激闘の記憶
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0075
発売予定日 2022-07-06 ジャンル 一般/単行本/体育・スポーツ
ISBN 9784583115146 判型 46
内容紹介
高校野球の歴史を彩る、あの年のあの学校の戦いを、関係者への綿密な取材を通して振り返る大好評を博した5巻シリーズが、昨年に続いて登場。1969年の松山商業と三沢高校、1979年の箕島高校と星稜高校、1980年の早実、2004年の駒大苫小牧高校、2009年の日本文理高校。それぞれの1年を、高校野球に精通したスポーツジャーナリストたちが描き切る。第1弾は空前の大ちゃん(荒木大輔)フィーバーに沸いた「1980年 早実(早稲田実業)」。絶大な人気を博した「甲子園のアイドル」が名門高を準優勝に導くまでの軌跡を、荒木大輔本人、チームメート、対戦相手、当時の甲子園で実況を担当していた植草貞夫アナウンサーなど、さまざま関係者の証言を交えながら振り返る。
目次
第一章 名門復活

第二章 大ちゃんフィーバー前夜

第三章 彗星のごとく現れた1年生

第四章 55年ぶりの決勝へ

第五章 史上初の「京浜決戦」

第六章 熱狂の幕は下りず

第七章 それぞれの第二幕

第八章 エースの告白
著者略歴(佐伯 要)
佐伯 要(さえき・かなめ) 1971年和歌山県生まれ。大学卒業後、スポーツメーカーに入社。2009年に退職してスポーツライターに。主に大学野球を中心に取材し、「週刊ベースボール」「大学野球」「ベースボール・クリニック」(以上、ベースボール・マガジン社)などで執筆中。共著に「勝利の伝道者」、「新しい風」(以上、日刊スポーツ出版社)、「あの夏のエースたち」(竹書房)などがある。
他の書籍を検索する