『あたらしい船出』の詳細情報

あたらしい船出
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル あたらしい船出
サブタイトル
著者 [著者区分]■アビー・ロングスタッフ [著・文・その他]
■代田 亜香子 [翻訳]
■坂口 友佳子 [イラスト]
■石垣 賀子 [翻訳]
出版社 ほるぷ出版 レーベル ひみつの地下図書館
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 204p Cコード 8097
発売予定日 2022-11-10 ジャンル 児童/単行本/外国文学小説
ISBN 9784593102747 判型 46
内容紹介
モレット館の使用人だったタリーは、レディ・タルーラ・モレットになった。お屋敷のお嬢さま、モレット卿の娘として、うけいれられたのだ。タリーはついに、行方不明のママを追って、モレット卿たちとアメリカにわたることに。ところがその船旅で、宝石がなくなる事件が発生! 解決にのりだすタリーだが、でも、この船にはひみつの地下図書館がない! 図書館と魔法の本がなければなんにもできない、と悩むタリーだったが…。なぞときとひみつ、魔法でいっぱいのストーリー!「ひみつの地下図書館」シリーズ、ついに完結(全4巻)。
目次
著者略歴(アビー・ロングスタッフ)
6人姉妹の長女として生まれ、オーストラリア、香港、フランスで育つ。自分の子どもの誕生をきっかけに本を書きはじめ、妖精や魔法が登場する物語や絵本を出版してきた。日本に紹介された本に「薬屋の魔女ティファニー」シリーズ(学研プラス)がある。イギリス在住。
著者略歴(代田 亜香子)
翻訳家。立教大学英米文学科卒業。訳書に『プリンセス・ダイアリー』(河出書房新社)をはじめとするメグ・キャボット作品、『アナと雪の女王』、「イアリーの魔物」シリーズ(いずれも小学館)、『ラスト・フレンズ』(静山社)など多数。児童書から中高生向け(YA)、文芸書の翻訳まで幅広く活躍する。
著者略歴(坂口 友佳子)
イラストレーター。京都造形芸術大学を卒業後、広告会社勤務をへて、イラストレーターに。装画や挿絵、広告など、さまざまな分野で活躍中。絵本に『どこどこ けだまちゃん』(ニコモ)がある。
著者略歴(石垣 賀子)
立命館大学産業社会学部、ウィスコンシン大学卒業。児童書・ノンフィクションなどの分野で翻訳を行う。訳書に『なんでももってる(?)男の子』(徳間書店)などがある。
他の書籍を検索する