『間違いだらけの古代史』の詳細情報

間違いだらけの古代史
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 間違いだらけの古代史
サブタイトル
著者 [著者区分]宮崎正弘 [著・文・その他]
出版社 扶桑社 レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 232p Cコード 0095
発売予定日 2023-03-01 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784594093501 判型 46
内容紹介
◎縄文期の水田跡と真脇遺跡の2大発見 ◎「越前の大王」だった継体天皇の謎 ◎皇位簒奪ではなかった壬申の乱 ◎道鏡は極悪人だったのか? 
歪んだ左翼史観を覆す数々の事実。常識的視点で古代史を読み解く、日本人がまるで知らない日本古代史!
                     *
プロローグ 歴史をなぜ科学と合理主義で解き明かそうとするのか
第一章 原日本人はどこからきたのか
第二章 『魏志倭人伝』は信用に値しない
第三章 肇国の大王は崇神天皇
第四章 継体天皇はなぜ20年も大和へ入れなかったのか
第五章 大化の改新から壬申の乱まで
第六章 藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱)の鎮圧は唐風との絶縁に繋がった
エピローグ 知が栄え、智は亡びる
目次
著者略歴(宮崎正弘)
昭和21年、金沢市生まれ。早稲田大学英文科中退。「日本学生新聞」編集長などを経て「もう一つの資源戦争」(講談社)で論壇へ。以後、作家、評論家として多彩な執筆活動を続ける。中国問題、国際経済にも詳しい。神話、古代史でも現地踏査を重視した『こう読み直せ! 日本の歴史』(ワック)、『一万年の平和、日本の代償』『神武天皇「以前」 縄文中期に天皇制の原型が誕生した』『歩いてみて解けた「古事記」の謎』(以上、育鵬社)、『歪められた日本史』(宝島新書)、『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)、『徳川家康 480年の孤独』(ビジネス社)などがある。
他の書籍を検索する