『将軍 4』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 将軍 4
サブタイトル
著者 [著者区分]■ジェームズ・クラベル [著・文・その他]
■綱淵 謙錠 [編集]
■宮川 一郎 [翻訳]
出版社 扶桑社 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 520p Cコード 0097
発売予定日 2024-07-31 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784594098186 判型 46
内容紹介
真田広之×ハリウッド
ディスニープラスにて独占配信中の
大ヒット戦国スペクタクル・ドラマ原作本!
(全4巻)

時は慶長5年、関ヶ原合戦前夜。
まり子、ブラックソーンの行き着く先、そして隠された虎長の真意とは──
世界が熱狂した戦国サーガ、堂々完結。


急転直下、石堂方への降伏を表明した虎長は、困惑する家臣をよそに沈黙を保っている。一方、まり子と安針はそれぞれの思いを抱えつつ大坂へ向かっていた……東と西、カトリックとプロテスタント、男と女──彼らの思惑が交差するとき、運命は誰に微笑むのか。「青い目」を通して描かれる一大スペクタクル、堂々完結。(解説・堺三保)
目次
著者略歴(ジェームズ・クラベル)
ジェームズ・クラベル 
James Clavell
1921年生まれ。作家、脚本家、映画監督。第二次世界大戦で従軍し、日本の戦争捕虜となる。1962年のベストセラー『キング・ラット』に始まる小説群「アジアン・サーガ」と、そのドラマ化作品によって知られる。映画『大脱走』『ハエ男の恐怖』などの脚本も手がけ、『いつも心に太陽を』では脚本、監督、プロデューサーを務めた。小説としては『将軍』『Noble House』『タイパン』『Whirlwind』がニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー第一位を記録。1994年死去。
他の書籍を検索する