『日本軍装図鑑 下〈新装版〉』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本軍装図鑑 下〈新装版〉
サブタイトル
著者 [著者区分]笹間良彦 [著・文・その他]
出版社 雄山閣 レーベル イラストで時代考証
本体価格
(予定)
3800円 シリーズ
ページ数 324p Cコード 3621
発売予定日 2022-08-29 ジャンル 専門/図鑑/日本歴史
ISBN 9784639028505 判型 B5
内容紹介
下巻には【江戸時代後期~太平洋戦争】期の軍装を収録。
父祖伝来の甲冑と西洋式の軍服が入り乱れた幕末戊辰の戦いを経て、日本の軍装は急速な西洋化を遂げる。帝国陸海軍の発足から日清・日露を経て太平洋戦争にいたる間の変遷を網羅。
目次
著者略歴(笹間良彦)
笹間 良彦(ささま よしひこ)
大正5 年(1916)東京に生まれる。文学博士。
日本甲冑武具歴史研究会会長を務め、『図解日本甲冑事典』『甲冑鑑定必携』『江戸幕府役職集成』『足軽の生活』『歓喜天(聖天)信仰と俗信』『弁才天信仰と俗信』『図録 性の日本史』『日本軍装図鑑』(以上、雄山閣刊)など数多くの編著書がある。
2005 年11 月逝去、享年89。
他の書籍を検索する