『ゆらしてごらん ひつじさん』の詳細情報

ゆらしてごらん ひつじさん
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ゆらしてごらん ひつじさん
サブタイトル
著者 [著者区分]■ニコ・シュテルンバウム [著・文・その他]
■中村智子 [翻訳]
出版社 サンマーク出版 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 56p Cコード 8798
発売予定日 2022-04-22 ジャンル 児童/絵本/外国文学、その他
ISBN 9784763139733 判型 A5変形
内容紹介
★本を使って動いて楽しむ、新感覚の遊べる絵本!
★「たくさん遊べて、何度も読みたくなる」と大反響!

ブランコ大好きなひつじさんは、なんだか悲しそう。
きみがブランコを、ゆーら、ゆーら、ゆらしてくれる? 
ページをめくると、どうなるかな? 

恐竜のディノ、ママうさぎと子うさぎ、ちいさなひまわり、
てんさいはかせがつくったロボット、ねむそうなもぐらくん……。
みんなに何がおこるかな? 

ゆらしたり、つついたり、かたむけたり、歌ったり……。
読み手が「参加」することでお話が進んでいく「参加型絵本」は、
ほかにはない独特のおもしろさがあり、
小さいお子さんに絶大な人気があります。
ページをめくるたびに変化があり、シンプルだからこそハマると大好評。

ドイツ国民的ベストセラー『ゆすってごらん りんごの木』の作者による、
待望の最新刊となる本書は、新しいキャラクターが続々登場し、
さらにさまざまなアクションによって、本の中のみんなを助けます。

大興奮でたくさん遊んだあとでも、本の最後は、
「お片づけ」「おやすみなさい」の動きで終わるので、
寝る前の読み聞かせにもぴったりです。

親子でワクワク楽しめる、想像力や好奇心を育む「遊べる絵本」。
プレゼントにもよろこばれます。
目次
ドイツのマスコミや図書館も、大絶賛!
◎「おすすめの一冊、とてもかわいらしい絵本!」
――ラジオ・ドレスデン
◎「本棚の定番絵本になること、まちがいなし!」
――ウェブサイト「ファミリー・ワールド」
◎「すてきなイラスト、ゆかいなアイデアと愛情あふれる
お話がたくさん。クリエイティブな参加型絵本」
――ファミリー・マガジン「レヴィーアキント」
◎「サプライズいっぱいの読書体験」 
――ザビーネ・ロムバッハ(ガイルドルフ市立図書館)
◎「4歳までの子どもたちに人気。読み聞かせる人にも楽しい絵本」
――ベッティーナ・クリメル=ディーム(メッシンゲン公共図書館)
著者略歴(ニコ・シュテルンバウム)
子どものころから物語を考え、絵を描くのが大好き。両親とともに南アフリカで探検をしたり、祖父母の家の果樹園にツリーハウスを作って冒険ごっこをしたりした。美術大学にて学び、学位取得。現在は絵本作家、イラストレーターとして活動。作品はメディアから高い評価を受け、「子どものための読書財団(Stiftung Lesen)」により推薦図書に選ばれている。著書『ゆすってごらん りんごの木』『ゆらしてごらん ひつじさん』はともにドイツの大手誌『シュピーゲル』ベストセラーリストにランクインし、中国語を含む多言語に翻訳されている。ドイツ、ヴィースバーデン在住。旅行と読書、韓国料理、美術館、博物館が好き。
著者略歴(中村智子)
神奈川県生まれ。ドイツ語翻訳者。訳書に『ミシシッピ冒険記』(岩崎書店)、シリーズ『動物と話せる少女リリアーネ』『水瓶座の少女アレーア』(学研プラス)などがある。南ドイツ在住。動物、とくに猫が好き。
他の書籍を検索する