『反対尋問と事実認定2 ~歴史をめぐる事件の記録と解説 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 反対尋問と事実認定2
サブタイトル 歴史をめぐる事件の記録と解説
著者 [著者区分]渡邊 春己 [著・文・その他]
出版社 花伝社 レーベル
本体価格
(予定)
2500円 シリーズ
ページ数 336p Cコード 3032
発売予定日 2022-02-21 ジャンル 専門/単行本/法律
ISBN 9784763409973 判型 A5
内容紹介
裁判官にとって専門外である「歴史をめぐる事件」について、反対尋問と事実認定のあり方を検証する

第三次家永教科書訴訟、南京事件名誉毀損事件をはじめ、争点が「歴史」そのものにもなる法廷。裁判調書、歴史学専門家による調査資料と意見書をもとに「歴史的事実」の認定過程を再現し、現代の法廷における「事実認定」を多角的・批判的に検証する。

“勝つべきものが勝つ”ことが裁判のあるべき姿ならば、なぜあの判決になったのか──「正義」を担う公正な裁判、そしてこれからの裁判のあり方を問う。
目次
はじめに
第1 第三次家永教科書裁判における七三一部隊の記述について
第2 李秀英名誉毀損事件
第3 吉見義明名誉毀損事件
第4 原朗に対する名誉毀損による謝罪広告等請求事件
補論 「裁判と学問」のあいだ(序論)
おわりに
著者略歴(渡邊 春己)
渡邊 春己(わたなべ・はるみ)
山梨県生まれ。東京大学法学部卒。
弁護士(東京弁護士会所属、30期)。
著書に『「事実」をつかむ』(こうち書房)、『歴史の事実をどう認定しどう教えるか』(教育史料出版会)(いずれも共著)など。
他の書籍を検索する