『新訳 ミリンダ王の問い ~ギリシア人国王とインド人仏教僧との対論 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 新訳 ミリンダ王の問い
サブタイトル ギリシア人国王とインド人仏教僧との対論
著者 [著者区分]宮元 啓一 [翻訳]
出版社 花伝社 レーベル
本体価格
(予定)
3200円 シリーズ
ページ数 416p Cコード 0015
発売予定日 2022-02-21 ジャンル 一般/単行本/仏教
ISBN 9784763409980 判型 A5
内容紹介
いまなおその輝きを失うことのない
仏教とインド哲学の重要古典

紀元前の仏教・インド哲学の古典的名著『ミリンダ王の問い』をさらにわかりやすくし、一冊にまとめた新訳決定版

パーリ語原典からの全訳
目次
著者略歴(宮元 啓一)
宮元 啓一(みやもと・けいいち)
1948年生まれ。東京大学で博士(文学)号を取得。
現在、國學院大學名誉教授、公益財団法人中村元東方研究所が運営する東方学院の講師。
著作に、『インド哲学七つの難問』(講談社選書メチエ)、『仏教誕生』(講談社学術文庫)、『仏教かく始まりき パーリ仏典『大品』を読む』『インド哲学の教室』(春秋社)、『わかる仏教史』『ブッダが考えたこと』(角川ソフィア文庫)、『勝宗十句義論』(臨川書店)など。
他の書籍を検索する