『女奴隷たちの反乱 ~知られざる抵抗の物語 ~ 』の詳細情報

女奴隷たちの反乱
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 女奴隷たちの反乱
サブタイトル 知られざる抵抗の物語
著者 [著者区分]■ヒューゴ・マルティネス [イラスト]
■レベッカ・ホール [著・文・その他]
■中條 千晴 [翻訳]
出版社 花伝社 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 216p Cコード 0098
発売予定日 2022-11-21 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784763420381 判型 A5変形
内容紹介
歴史から抹消された、黒人女性たちの闘いがあった。

数々の記録が残る、黒人奴隷による反乱。その首謀者は、本当にすべて男性だったのか? 植民地時代のニューヨークや奴隷船を舞台に、女戦士たちの連帯の軌跡を辿る――BLM運動の時代に脚光を浴びる、隠されたシスターフッドの物語。

黒人歴史学者が“史実”に挑む、異例のグラフィックノベル!
目次
著者略歴(ヒューゴ・マルティネス)
ニューオリンズを拠点に活動。闘争、アイデンティティ、回復力に焦点をあてた作品を描く。
著者略歴(レベッカ・ホール)
学者、活動家、教育者。父方の祖父母は奴隷として生まれた。人種、ジェンダー、法、抵抗の歴史について執筆/出版するかたわら、公平な温暖化対策やインターセクショナル・フェミニズムの理論に関する論文も発表。
本書(原題『WAKE: The Hidden History of Women-Led Slave Revolts』)は数々の賞を受賞。全米国人地位向上協会(N.A.A.C.P)イメージ賞およびPen Americaオープンブック賞の最終候補に選出されたほか、NPR、ワシントンポスト、フォーブス、Ms.マガジンの2021年のベストブックに選出。2022-23年度ラドクリフ研究所特別研究員。
著者略歴(中條 千晴)
博士号。フランス国立東洋言語文化学院(INALCO)特任講師。専門はポピュラー音楽とジェンダー、社会運動。翻訳に『博論日記』(2020 年、花伝社)。代表的論文に「ジェンダーの視点からポピュラー音楽を読み解く」(2021年、北樹出版『ガールズ・メディア・スタディーズ』)、「二一世紀のラブソング―現代日本のポップソングについての一考察―」(2021年、青土社『現代思想』2021年9月号)など。
他の書籍を検索する