『りぼん ちょうだい』の詳細情報

りぼん ちょうだい
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル りぼん ちょうだい
サブタイトル
著者 [著者区分]■かんざわ としこ [著・文・その他]
■ましま せつこ [イラスト]
出版社 こぐま社 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 24p Cコード 8793
発売予定日 2022-02-22 ジャンル 児童/絵本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784772102568 判型
内容紹介
おくりものに結ばれた、りぼん。
「りぼん ちょうだい」と女の子がりぼんをもらうと、
アヒルやネコが次々にやってきます。
あれあれ、動物たちはどんどん増えていくみたい……。
りぼんは短くなるけれど、
身につけたり、縄とびの縄にして遊んだり、楽しみはふくらみます。

幼い子に身近なりぼんを入り口に、
きれいなものを分けあってひろがる幸せが描かれます。
目次
著者略歴(かんざわ としこ)
1924年福岡県生まれ。文化学院文学部卒業。詩人・児童文学者。北海道、樺太(サハリン)で幼少期を過ごす。『ちびっこカムのぼうけん』(理論社)、『くまの子ウーフ』(ポプラ社)、『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)など、世代をこえて読み継がれる作品が多くある。絵本に『はけたよ はけたよ』(偕成社)『たまごのあかちゃん』(福音館書店)など。ましませつこ氏とコンビを組んだ絵本に『おいしいよ』『うめぼしさん』(こぐま社)がある。産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞など、受賞多数。
著者略歴(ましま せつこ)
1937年、山形県鶴岡市生まれ。女子美術大学図案科卒業。広告デザインの仕事にたずさわった後、子どもの本の世界に入る。日本の伝統的な色彩や形の美しさと、現代的なセンスが調和した優しい画風で、ファンが多い。わらべうたの世界を表現した『あがりめさがりめ』『ととけっこうよがあけた』『まてまてまて』、まど・みちお氏との赤ちゃん絵本に『ママだいすき』『くまさん』(いずれもこぐま社)などがある。
他の書籍を検索する