『現代ロシア文学入門』の詳細情報

現代ロシア文学入門
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 現代ロシア文学入門
サブタイトル
著者 [著者区分]ポスト・ソヴィエト文学研究会 [著・文・その他]
出版社 東洋書店新社 レーベル
本体価格
(予定)
3200円 シリーズ
ページ数 384p Cコード 0098
発売予定日 2022-09-06 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784773420487 判型 A5
内容紹介
最新のロシア文学は、どうなっているのか!?

ソ連崩壊からプーチン政権による強権体制、そしてウクライナ戦争。
激変する社会環境の中で作家たちは、ロシアに渦巻く声を代弁してきた。
最新のロシア文学案内から見えてくる、今を生きる作家たちのリアルな声を聞け!
目次


作家インタビュー 聞き手:奈倉有里
リュドミラ・ウリツカヤ
ドミトリー・ブィコフ

小説
オリガ・スラヴニコワ「チェレパノワ姉妹」岩本和久訳
クセニヤ・ブクシャ「ソスノヴァヤ・ポリャーナ アーシャ」松下隆志訳
ローラ・ベロイワン「コンデンス―濃縮闇―」高柳聡子訳
パーヴェル・ペッペルシテイン「アイボリット先生」岩本和久訳
ジャナール・セケルバエワ「Zシティのキマイラたち」高柳聡子訳
ロマン・センチン「よそ者」松下隆志訳
エヴゲーニー・ヴォドラスキン「四人のナース」松下隆志訳

論考
レフ・ダニールキン「クラッジ」笹山啓訳
ワレリヤ・プストヴァヤ「ディプティク」越野剛訳
越野剛「アレクシエーヴィチと現代ロシアのノンフィクション文学」
高柳聡子「ロシア現代文学における「女性文学」の系譜」
鴻野わか菜「ロシア現代アートと文学」

編集委員座談会
私の本棚――二一世紀のロシア文学

エッセイ
鈴木正美「現在のロシア詩」
宮風耕治「現代ロシアのSF」
桜井厚二「ロシア刑事探偵小説の諸様式 創成期から現代まで」
上田洋子「二一世紀ロシアにおける演劇」
梶山祐治「現代ロシアの映画と文学」

ロシア文学深読みキーワード集

関連年表

付録 現代ロシア文学人名地図/現代ロシア文学翻訳リスト
著者略歴(ポスト・ソヴィエト文学研究会)
岩本和久、鴻野わか菜、越野剛、高柳聡子、松下隆志(50音順)からなる現代ロシア(語)文学研究会。2020年から活動。
他の書籍を検索する