『長生き免疫学 ~年を取るのが楽しくなる 免疫から見た「老化」と「長寿」の新しい考え方 ~ 』の詳細情報

長生き免疫学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 長生き免疫学
サブタイトル 年を取るのが楽しくなる 免疫から見た「老化」と「長寿」の新しい考え方
著者 [著者区分]安保 徹 [著・文・その他]
出版社 現代書林 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 Cコード 0047
発売予定日 2006-03-13 ジャンル 一般/単行本/医学・歯学・薬学
ISBN 9784774506630 判型
内容紹介
目次
プロローグ 「長生き」はごほうび、目標は「幸せに死ぬこと」

第1章 「長生き」には自律神経と免疫が深く関わっていた
―免疫から「老化」と「長寿」を考える

第2章 「長生き」を阻む壁―老化・病気の原因はこれだ
―「ストレス」「低体温」が二大元凶だった

第3章 こうすればガンになっても「長生き」できる
―ガンを克服するための基礎知識と心得

第4章 病気別に検証!こんな治療や薬では「長生き」できない
―安保免疫学がすすめる病気への正しい対処法

第5章 元気に一00歳まで生きよう!「長生き免疫学」のすすめ
―免疫システムを切り替えて「長生き」するための生活術

あとがき
著者略歴(安保 徹)
1947年、青森県生まれ。東北大学医学部卒業。医学博士。
現在、新潟大学大学院医師学総合研究科教授(国際感染医学講座免疫学・医動物学分野)。
米国アラバマ大学留学中の80年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。
89年、胸腺外分化T細胞の存在を発見。
96年、白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。
00年、胃潰瘍の原因が胃酸であるとの定説を覆して注目される。
200を超える英文論文を発表するなど、国際的な場で精力的に研究成果を発表し続け、国際的に名高い免疫学者として免疫学の最前線で活躍している。
他の書籍を検索する