『父が愛したゾウのはな子 ~暖かい涙があふれる 鎖につながれたゾウと飼育員親子の感動物語 いのちの大切さに気 ~ 』の詳細情報

父が愛したゾウのはな子
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 父が愛したゾウのはな子
サブタイトル 暖かい涙があふれる 鎖につながれたゾウと飼育員親子の感動物語 いのちの大切さに気
著者 [著者区分]■中根 静男 [写真]
■山川 宏治 [著・文・その他]
出版社 現代書林 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 Cコード 0095
発売予定日 2006-09-25 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784774506951 判型
内容紹介
目次
序 章 さよなら、はな子。元気でいろよ
第1章 海を越えてやってきた子ゾウ
第2章 怒りで目をギラギラさせて
第3章 悲しい心に寄り添う
第4章 セピア色の写真のなかで
第5章 世界でいちばん手のかかるゾウ
第6章 はな子の知らないところで
第7章 はな子、おれと友だちになろう
終 章 ありがとう、はな子
著者略歴(山川 宏治)
東京都多摩動物公園主任飼育員
昭和29年2月21日生まれ。
東京都立瑞穂農芸高等学校畜産科を卒業後、
47年に都の職員となり、多摩動物公園飼育課に配属、アジアゾウ、ライオン、ヒグマなどを担当する。
平成8年、井の頭自然文化園飼育課主任に異動、「ふれあいコーナー」などを経て、はな子担当班班長を務める。
16年、再び多摩動物公園に異動。18年、都の組織改革にともない
財団法人東京動物園協会に転出、多摩動物公園に派遣される形でキリン、シマウマなどの飼育を担当し、現在に至る。
他の書籍を検索する