『〈評論集〉堀田善衛のまなざし』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 〈評論集〉堀田善衛のまなざし
サブタイトル
著者 [著者区分]木村 陽治 [著・文・その他]
出版社 かもがわ出版 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 176p Cコード 0095
発売予定日 2022-12-20 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784780312492 判型 46
内容紹介
戦後すぐからアジア・アフリカ作家会議の事務局として植民地支配との闘いを応援し、ソ連や中国も対峙した堀田を独自の視点から捉える。
目次
目次
Ⅰ 「広場の孤独」作家の決意
Ⅱ 「昭和」をどう描くか
Ⅲ 現代中国とどう向き合うのか
Ⅳ 「作家の総括」について
随想1 宮本顕治の号泣
  2 宮本顕治の一括
  3 周恩来の号泣
著者略歴(木村 陽治)
1936年東京都新宿区生まれ。1959年から20年間、東京都葛飾区職員として働く。
その間、都職労中央執行委員などを歴任。1981年から2005年まで6期24年、日本共産党都議会議員をつとめる。その間、都議団幹事長、団長など歴任。
他の書籍を検索する