『渋沢敬三と今和次郎 ~博物館的想像力の近代 ~ 』の詳細情報

渋沢敬三と今和次郎
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 渋沢敬三と今和次郎
サブタイトル 博物館的想像力の近代
著者 [著者区分]■丸山 泰明 [著・文・その他]
■丸山 泰明 [著・文・その他]
■丸山 泰明 [著・文・その他]
出版社 青弓社 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 264p Cコード 0039
発売予定日 2013-12-01 ジャンル 一般/単行本/民族・風習
ISBN 9784787220530 判型 46
内容紹介
戦前期に渋沢と今は、日本の生活や民俗を収集・展示して新たな価値観を発信する博物館の設立のために奔走する。その活動は戦後、国公立の博物館設立として結実した。2人の知の巨人が若き日に目指した夢とその道のりを、豊富な資料から浮かび上がらせる。
目次
はじめに
本書の目的/これまでの研究の概要/政治学と想像力/本書の構成

第1章 民俗博物館とは何か

1 名もなき人たちへのまなざし
出会い/石黒忠篤の仲介/挫折/アチックミューゼアム/北欧の民俗博物館/娯楽性と学術性

2 誕生とその背景
近代国民国家の成立と民俗博物館/展示される国土/博覧会から博物館へ/パリ万博の展示スタイル

3 民俗博物館への旅
鉄道がもたらした視覚体験/車窓と柳田国男/テーマパーク化する世界/旅する民俗学者たち/ラピッド・サーベイの方法

第2章 民具と民家の思想

1 常民の博物館の誕生と形成
「民」のものへの関心/おもちゃ時代からの脱皮/生物学の思考/分類への模索/生活の体系化/消費社会のなかの民具/皇室の博物館との対照性

2 民藝との距離
柳宗悦と民藝運動/民藝館をめぐって/岩手の旅の比較/民具、民家、民藝

3 美をめぐって
手作りへの関心/原点としての工業論/人類の進化と「工」/からっぽな態度/都市と田舎の接触/アジアと他民族へのまなざし/今和次郎と朝鮮/自然と美意識

第3章 青年団運動と民俗博物館――大日本聯合青年団郷土資料陳列所

1 青年と郷土研究
まぼろしの郷土博物館/田沢義鋪と柳田国男/構想の具体化/今和次郎と渋沢敬三の関わり/開所式

2 民家の展示と郷土
民家展示の課題/二人の協力者/分布図をめぐる葛藤/民家模型の製作/農家と住宅改善/建築史学と民藝運動との対比/軍国主義の展開と突然の閉鎖

第4章 紀元二千六百年と民俗博物館――日本民族博物館

1 国際文化振興としての博物館
皇紀二千六百年/国際交流と日本文化/建議までの流れ/民俗の外交/必要性と緊急性の論理

2 計画の内容と推移
高橋文太郎の支援/博物館のデザイン/将来に向けた展示/野外博物館の展示意図/戦争の影/一場の夢と相成候

おわりに
戦後への継承/文化財の民主化と国立民俗博物館の構想/一九七〇年代の進展/野外博物館から野外の博物館化へ/渋沢敬三の活動の意義/今和次郎の活動の意義

参考文献

あとがき
著者略歴(丸山 泰明)
丸山 泰明
1975年、新潟県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。専攻は民俗学。著書に『凍える帝国』(青弓社)、共著に『都市の暮らしの民俗学2 都市の光と闇』(吉川弘文館)、『戦死者のゆくえ』(青弓社)、『日本文化の人類学/異文化の民俗学』(法蔵館)など。
著者略歴(丸山 泰明)
1975年、新潟県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。専攻は民俗学。著書に『凍える帝国』(青弓社)、共著に『都市の暮らしの民俗学2 都市の光と闇』(吉川弘文館)、『戦死者のゆくえ』(青弓社)、『日本文化の人類学/異文化の民俗学』(法蔵館)など。
著者略歴(丸山 泰明)
1975年、新潟県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。専攻は民俗学。著書に『凍える帝国』(青弓社)、共著に『都市の暮らしの民俗学2 都市の光と闇』(吉川弘文館)、『戦死者のゆくえ』(青弓社)、『日本文化の人類学/異文化の民俗学』(法蔵館)など。
他の書籍を検索する