『星をみつめて』の詳細情報

星をみつめて
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 星をみつめて
サブタイトル
著者 [著者区分]■エツァルト・シャーパー [著・文・その他]
■阿部祐子 [翻訳]
出版社 女子パウロ会 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 104p Cコード 0297
発売予定日 2022-04-07 ジャンル 一般/新書/外国文学小説
ISBN 9784789608299 判型 新書(B40)
内容紹介
キリストの誕生を知らせる星をめざして、小さな王は旅に出た。道すがら、病気や貧困に苦しむ人々の痛ましい姿を目の当たりにし、礼拝のための贈り物をすべて差し出す。さらに数々の苦難や不幸に遭遇し、過酷な運命に翻弄されていく。それでも王のみつめる先には、いつもあの星が輝いていた――。三十年が経ち、すべてを失くした王を待っていたのは、最上の豊かさだった。ただ一つの捧げ物を携えて、王はついに最後の道を歩み出す。原書は第二の『星の王子さま』と評されたロングセラー。
目次
著者略歴(エツァルト・シャーパー)
1908年、プロイセン(現ポーランド)オストロボ生まれ。19歳で最初の小説を出版。ドイツ、デンマーク、エストニア、フィンランドに移住。ナチス政権とソビエト連邦から死刑宣告を受け、逃亡先のスウェーデンにて二重スパイ容疑で拘束される。1947年以降スイスに定住。約70作の小説や多くの物語、考察、演説を遺した。1984年没。
著者略歴(阿部祐子)
獨協大学外国語学部卒業。東京都立川市在住。
他の書籍を検索する