『文庫 地獄は克服できる』の詳細情報

文庫 地獄は克服できる
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 文庫 地獄は克服できる
サブタイトル
著者 [著者区分]■フォルカー・ミヒェルス [編集]
■ヘルマン・ヘッセ [著・文・その他]
■ヘルマン・ヘッセ [著・文・その他]
■岡田 朝雄 [翻訳]
出版社 草思社 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 草思社文庫
ページ数 320p Cコード 0198
発売予定日 2020-06-04 ジャンル 一般/文庫/外国文学、その他
ISBN 9784794224552 判型 文庫(A6)
内容紹介
ヘッセは少年時代にエリート神学校から逃げ出して以来、何度も挫折を繰り返して、
50、60歳になってようやく落ち着いた生活をスイス南部の家で送った。
二度の離婚、家族の死や病気、二度の世界大戦をはさんで社会も大荒れだった。
その中で心身ともに疲れ果て何度も自殺願望を抱き、うつ病に悩まされた。

本書はその間に書き記したこうした心の悩みからの脱出法や
苦しみとの付き合い方などについてのエッセイや断章をまとめた本。
これらはストレスに悩む現代人のための妙薬ともなるだろう。

<内容より>
地獄は克服できる

ささやかな楽しみ
無為の技
眠られぬ夜
精神の富
古い音楽
都市
おまえはほんとうに幸せか?
日記の一部
芸術家と精神分析
雲におおわれた空
不安を克服する
つねに新たな自己形成を
苦しい道──メールヒェン
日記──ある病ののちに
内省
神経過敏症の疑いあり
町への遠足
心理学
不可能なことを新たに試みる!
夏の鉄道旅行
花火
目次
地獄は克服できる

ささやかな楽しみ
無為の技
眠られぬ夜
精神の富
古い音楽
都市
おまえはほんとうに幸せか?
日記の一部
芸術家と精神分析
雲におおわれた空
不安を克服する
つねに新たな自己形成を
苦しい道──メールヒェン
日記──ある病ののちに
内省
神経過敏症の疑いあり
町への遠足
心理学
不可能なことを新たに試みる!
夏の鉄道旅行
花火
著者略歴(フォルカー・ミヒェルス)
フォルカー・ミヒェルス(Volker Michels)
ドイツの出版社ズーアカンプ社の編集顧問。ヘッセの遺稿・書簡を整理し『庭仕事の愉しみ』『人は成熟するにつれて若くなる』などテーマ別詩文集を編纂。
著者略歴(ヘルマン・ヘッセ)
ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877〜1962年。ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。
著者略歴(ヘルマン・ヘッセ)
ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877〜1962年。ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。
著者略歴(岡田 朝雄)
岡田 朝雄(おかだ・あさお)
1935年東京生まれ。ドイツ文学者。東洋大学名誉教授。著書に『ドイツ文学案内』『楽しい昆虫採集』(共著)、訳書にヘッセ『蝶』『人は成熟するにつれて若くなる』『庭仕事の愉しみ』『愛することができる人は幸せだ』『シッダールタ』『少年の日の思い出』、F・シュナック『蝶の生活』などがある。
他の書籍を検索する