『被疑者アンデルセンの逃亡 』の詳細情報

被疑者アンデルセンの逃亡 
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 被疑者アンデルセンの逃亡 
サブタイトル
著者 [著者区分]■トーマス・リュダール [著・文・その他]
■池畑 奈央子 [翻訳]
■遠田 志帆 [イラスト]
■A.J.カジンスキー [著・文・その他]
出版社 竹書房 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ 竹書房文庫
ページ数 400p Cコード 0197
発売予定日 2022-08-02 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784801932173 判型 文庫(A6)
内容紹介
なぜ人魚姫は泡となり消え、マッチ売りの少女は凍えて死んだのか?
『人魚姫』と『マッチ売りの少女』--世界的名作童話の“if”を巡る歴史ミステリ


真犯人を突き止めるため、アンデルセンはモーリーを説得。強引に協力を取り付けると、アナが眠る病院へ向かう。引き揚げられたアナの亡骸を見たとき、アンデルセンは奇妙な違和感を抱いていた。その理由を確かめるため忍び込んだ霊安室でアンデルセンは、ついに他が仮を掴む。アナの胸元に別の誰かの乳房が縫い付けられるのを発見したのだ。違和感の原因はこれだった。
恐らく、被害者はもう一人いる。そして、その先に真犯人がいるはずだ……。
アンデルセンはさらなる証拠を探すも、その動きを察知した真犯人も動き出す。無人の倉庫でアンデルセンを強襲。意識を奪うと、急勾配の階下へ転落させることに成功する――。
目次
著者略歴(トーマス・リュダール)
トーマス・リュダール
小説家。デビュー作『楽園の世捨て人』(早川書房)は15か国以上で出版。同作で「デンマーク新人文学賞」(2014)、「デンマーク犯罪スリラー小説賞」「ガラスの鍵賞」(2015)を受賞。
著者略歴(池畑 奈央子)
池畑奈央子
フランス文学翻訳家。筑波大学比較文化学類卒、ロンドン大学修士課程修了。訳書にモーリス・ルブラン『リュパン、最後の恋』(共訳/東京創元社)、エレーヌ・グレミヨン『火曜日の手紙』(早川書房)、モーリス・ルブラン『怪盗紳士 アルセーヌ・ルパン』(共訳/KADOKAWA)などがある。
著者略歴(A.J.カジンスキー)
A.J.カジンスキー
アンデルス=ロンノウ・クラルントとヤコブ・ヴァインリヒによる小説家ユニット。『Den sidste gode mand』や『Sovnen og doden』などの共同執筆作は、デンマーク国内で45万部を売り上げ、25か国以上で出版されている。
他の書籍を検索する