『ファイナルガール・サポート・グループ』の詳細情報

ファイナルガール・サポート・グループ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ファイナルガール・サポート・グループ
サブタイトル
著者 [著者区分]■グレイディ・ヘンドリックス [著・文・その他]
■入間 眞 [翻訳]
出版社 竹書房 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ 竹書房文庫
ページ数 512p Cコード 0197
発売予定日 2022-11-17 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784801933378 判型 文庫(A6)
内容紹介
ファイナルガール(名詞)——ホラー映画で最後にただひとり生き残る者

『13日の金曜日』最初の〝ファイナルガール〟も推薦!
「警告しておきます。
 本書は、深刻な不安を引き起こす可能性があります。
 私を1980年代に引き戻した、クレイジーでエモーショナルな
 ジェットコースターのような作品」
               ――エイドリアン・キング

『13日の金曜日』『悪魔のいけにえ』『ハロウィン』『エルム街の悪夢』『悪魔のサンタクロース 惨殺の斧』『スクリーム』
 ーー名作ホラー/スラッシャー映画へのオマージュが満載。

シャーリーズ・セロン+アンディ・ムスキエティ監督(『IT イット』)で、
HBO MAXにてドラマシリーズ企画が進行中!


〈あらすじ〉
〝ファイナルガール〟とはーー
ホラー映画でクレジットロールが流れるラストまで生き残った者のこと。
殺人鬼に反撃し、打ち負かし、友人たちの仇を討つ者。血まみれになりながらも勝利をおさめる者。
だが、サイレンが遠ざかり、観客が立ち去ったあと、彼女はどうなるのか?
リネット・ターキントンは22年前の大殺戮を生き延びた現実のファイナルガール。
その経験は以後の彼女の生きる日々を決定づけた。
彼女はひとりではない。
想像を絶する殺人事件で生き残った女性のためのサポート・グループに10年以上にわたって参加。
ほかの5人のファイナルガールたちとセラピストとともに、壊されてしまった人生をひとつひとつ組み立て直そうとしている。
ところが、ひとりのメンバーがグループを欠席したとき、リネットの最大の危惧が現実のものとなる——。
グループの存在を知った何者かが彼女たちの人生を破壊しようと決意したのだ。
そして最初の犠牲者が……。
犯人は誰か? 真の目的は? そして〝ファイナルガール〟たちは、生き残ることが出来るのかーー。
目次
他の書籍を検索する