『幾何学パターンづくりのすべて ~ファッション、建築、デザインのためのリピートパターン制作ガイド ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 幾何学パターンづくりのすべて
サブタイトル ファッション、建築、デザインのためのリピートパターン制作ガイド
著者 [著者区分]■ポール・ジャクソン [著・文・その他]
■牧尾晴喜 [翻訳]
出版社 ビー・エヌ・エヌ レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 3072
発売予定日 2022-07-21 ジャンル 専門/単行本/写真・工芸
ISBN 9784802512503 判型 B5変形
内容紹介
パターンづくりの原則を解説した、パターンメイキングの決定版!

ファッション、テキスタイル、手工芸、インテリア、建築、デザイン、ジェネラティブアート、マスアートなど、様々な分野で求められるパターン生成。
本書では、シンプルな操作を用いるだけで無限のリピートパターンを作成できる原則を教えます。
パターンづくりの基礎を学びたい方や、表現の引き出しを増やしたい方におすすめ。
デザインの経験がない方でも、文字やシンプルな図形を用いて操作を行うことで、さまざまな魅力的なパターンが制作できます。

30年以上にわたって世界中で「折り」のコンサルタントとして指導・活躍してきた著者のポール・ジャクソンが、対称性の法則を用いて、ステップバイステップで解説。
数学的要素を省いたやさしい説明により、初心者でも簡単にたのしく習得できる、とっておきの指南書です。
目次
はじめに
リピートパターンとそうでないものとは?
リピート、エレメント、モチーフ、メタモチーフ
セルとタイル
エレメントとしての字形
オリジナルのエレメントを作る
本書の読み方
0次元、1次元、2次元について

Part1 4つの基本的な対称操作について
1.1 回転対称   22
1.2 並進対称   26
1.3 鏡映対称   30
1.4 映進対称   34

Part2 線形対称
2.1 並進
2.2 並進+垂直鏡映
2.3 並進+180度回転
2.4 並進+映進
2.5 水平鏡映
2.6 垂直鏡映+並進+水平鏡映+180度回転
2.7 並進+垂直鏡映+180度回転+垂直鏡映

Part3 平面対称
3.1 並進
3.2 映進
3.3 二重鏡映
3.4 鏡映+平行映進
3.5 180度回転
3.6 鏡映+垂直映進
3.7 二重垂直映進
3.8 点を中心にした90度鏡映
3.9 鏡映+回転+鏡映+垂直鏡映
3.10 3つの120度回転
3.11 正三角形を用いた鏡映
3.12 120度回転の鏡映
3.13 90度回転
3.14 90度回転の鏡映
3.15 直角二等辺三角形の鏡映
3.16 60度回転
3.17 半正三角形の辺を軸とした鏡映

Part4 タイル
4.1 四角形のタイリング
4.2 三角形のタイリング
4.3 60度と120度のタイリング
4.4 半正タイリング
4.5 非テッセレーション(埋め尽くさない)タイリング
4.6 グリッド線の重ね合わせ

Part5 シームレスリピート、エッシャータイプのリピート
5.1 シームレスリピート
5.2 エッシャータイプのリピート

ルールを学び、そして破る
対称操作レファレンスファインダー
用語集
謝辞
著者略歴(ポール・ジャクソン)
ポール・ジャクソン
ペーパーアート&クラフトに関する書籍を30冊以上執筆しており、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、イスラエルなど150以上の大学およびデザインコースで折りのテクニックを教え続けている。また、ナイキやシーメンスといった企業においても「折りのコンサルタント」として技術指導を行なっている。著書に『デザイナーのための折りのテクニック 平面から立体へ』(文化出版局)、『〈折り〉の設計─ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック』(ビー・エヌ・エヌ)など。
著者略歴(牧尾晴喜)
牧尾晴喜(まきおはるき)
株式会社フレーズクレーズ代表。建築やデザイン分野において、翻訳や記事制作を手がけている。1974年、大阪生まれ。メルボルン大学での客員研究員などを経て独立。一級建築士、博士(工学)。主な訳書・監訳書に、『〈折り〉の設計─ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック』、『箱の設計─自由自在に「箱」を生み出す基本原理と技術』(以上、ビー・エヌ・エヌ)、『世界の橋の秘密ヒストリア』、『あるノルウェーの大工の日記』(以上、エクスナレッジ)などがある。AXIS(アクシス)、VOGUE JAPAN、GQ JAPAN、GAといった雑誌で記事の翻訳・執筆も手がけている。
他の書籍を検索する