『学びの扉をひらく・下 ~時間・記憶・記録 ~ 』の詳細情報

学びの扉をひらく・下
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 学びの扉をひらく・下
サブタイトル 時間・記憶・記録
著者 [著者区分]■中央大学文学部 [編集]
■中央大学文学部 [編集]
出版社 中央大学出版部 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 190p Cコード 1095
発売予定日 2022-03-25 ジャンル 教養/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784805752340 判型 46
内容紹介
これから自分が何を学んでいくか悩んではいないか。あるいは大学での学びに関心を抱くことができず、挫折してはいないか。無限に広がる学問の世界に足を踏み入れることは難しく、まして主体的に学びに取り組むことはなおさらだ。本書は「時間・記憶・記録」という共通テーマで、各学問分野のスペシャリストたちが分かりやすく知の世界を開示していく。また学生によるコラムは、読者に近い視点から各学問の魅力を伝え、あなたと学問とを結ぶ架け橋になるに違いない。中央大学文学部の一年間に及ぶ「本づくり演習」を通じて学生と教員がともに創り上げた本書は、本格的に学びをスタートさせたい人、今まで学びを遠ざけてきた人にとって必読である。
目次
文学部発、中央大学の学びの楽しさへ向けて
本書の概要

第一章 社会的危機を記録し、その意味を問う
 死者からの贈り物
 日々を記録し、危機の瞬間に記憶をつかまえる
第二章 過去の生者を見つめ、現在を考える
 人はいつ死ぬと思う…?
 暴力の記憶と死者の追悼
第三章 批判的な視座を持ち、
 近代的な時間管理を考える
 近代イギリスの時間意識をどう考えるか
 学校教育を支える時間・記憶・記録の批判的検討
第四章 自然科学から記録方法を捉え直し、記憶の向上を考える
 運動・スポーツとの関わりからみた時間と記憶
 身体運動からみた「記録」
 時間とは何か
 「知」の越境と協働、その先へ
他の書籍を検索する