『アリ地獄天国[DVD](ライブラリー版)』の詳細情報

アリ地獄天国[DVD](ライブラリー版)
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アリ地獄天国[DVD](ライブラリー版)
サブタイトル
著者 [著者区分]土屋 トカチ [編集]
出版社 映像グループ ローポジション レーベル
本体価格
(予定)
20000円 シリーズ
ページ数 Cコード 0836
発売予定日 2022-01-21 ジャンル 一般/磁性媒体など/社会
ISBN 9784811840420 判型
内容紹介
とある引越会社。社員は自分たちの状況を「アリ地獄」と自嘲する。長時間労働を強いられ、事故や破損を起こせば、会社への弁済で借金漬けになるからだ。本作の主人公、西村有さん(仮名)は34歳の営業職。会社の方針に異議を唱え、一人でも入れる個人加盟の労働組合(ユニオン)に加入した。するとシュレッダー係へ配転させられ、給与は半減。さらに懲戒解雇にまで追い込まれた。ユニオンの抗議により解雇は撤回させたが、復職先はシュレッダー係のまま。会社に反省の色は見られない。

西村さんは、「まともな会社になってほしい」と闘いを続け、次第にたくましく変わってゆく。

本作の監督・土屋は、仕事で悩む親友の自死を防げなかった後悔とともに、3年にわたる闘いに密着する。生き残るためのロードームービー(労働映画)。結末はいかに!

【図書館など団体での貸出・視聴・上映が可能なライブラリー版です。】

監督・撮影・編集・構成・企画:土屋トカチ(写真左)
制作・販売:映像グループ ローポジション

本編98分+特典映像36分/日本語/16:9/ステレオ/片面2層/複製不能/リージョンオール/ドルビーデジタル
目次
著者略歴(土屋 トカチ)
1971年京都府舞鶴市生まれ。母子家庭に育ち、新聞配達・書店員・工場請負作業員・ 日雇い労働等を経て、99年より映像制作を開始。00年映像制作会社に就職。02年会社都合により解雇。06年、映像グループ ローポジションを飯田基晴、常田高志と設立。監督デビュー作「フツーの仕事がしたい」(08年)が、英国・第17回レインダンス映画祭、UAE・第6回ドバイ国際映画祭において、ベストドキュメンタリー賞を受賞。3分間ビデオ集「経年劣化」(13年)発表。監督最新作「アリ地獄天国」(19年)が、第16回山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映。同年、貧困ジャーナリズム賞を受賞。20年、第20回ニッポン・コネクションにて第1回ニッポン・オンライン賞受賞。第2回米国ピッツバーグ大学日本ドキュメンタリー映画賞グランプリ受賞。福井映画祭14th長編部門観客賞(グランプリ)受賞。第94回キネマ旬報ベスト・テン文化映画ベスト・テン第8位。
他の書籍を検索する