『トーキョー・キル』の詳細情報

トーキョー・キル
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル トーキョー・キル
サブタイトル
著者 [著者区分]■バリー・ランセット [著・文・その他]
■白石 朗 [翻訳]
出版社 ホーム社 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 448p Cコード 0097
発売予定日 2022-11-25 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784834253665 判型 46
内容紹介
【内容紹介】
日本通の著者によるノンストップ・エンターテインメント〈私立探偵ジム・ブローディ〉シリーズ第2弾!
「生命に危険を感じて怯えた三浦晃がわたしたちの事務所のドアを叩いた時点で、すでに死者は八人を数えていた」──休暇を娘と過ごすために日本に戻っていたジム・ブローディのもとに老人が現れ、命を狙われているので身辺警護をしてほしいという。男は旧日本陸軍の兵士で、すでに戦友二人が殺されており、その手口は中国の秘密結社のものと思われるという。一方ブローディは、高名な禅僧にして絵師である仙厓義凡の幻の逸品の行方を追っていた。捜査を進めていくうちに、一見異なるこの二つの出来事が、実は第二次世界大戦中の日中間の秘められた歴史とつながっていることが判明する……。横浜中華街、フロリダ、バルバドスと各地を縦横に駆け巡り、知られざる日中戦争の歴史の闇に迫っていく──

○アメリカ私立探偵作家クラブ賞(シェイマス賞)最優秀長篇賞最終候補作
芸術、社会問題、文化そして戦争──社会を形作り、また破壊するすべての要素が、バリー・ランセットが描くスリル満点の小説の第二作に結実している。……ランセットは『トーキョー・キル』で波に乗り続ける──ニューヨークタイムズ/AP
○「フォーブス」誌のアジア諸国首脳の必読書に選定
『トーキョー・キル』は何といっても優れたミステリーであり、その卓越した物語性ゆえに独立した読み物として成立している。だが、四半世紀以上日本で暮らしたランセットは、今日の緊張に満ちた状況に関する日中関係についての微妙な解釈も示している──フォーブス誌
目次
他の書籍を検索する