『臨床薬理学 第7版』の詳細情報

臨床薬理学 第7版
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 臨床薬理学 第7版
サブタイトル
著者 [著者区分]■柳田 俊彦 [編集]
■赤瀬 智子 [編集]
出版社 メディカ出版 レーベル ナーシング・グラフィカ 疾病の成り立ちと回復の促進(2)
本体価格
(予定)
3400円 シリーズ
ページ数 360p Cコード 3347
発売予定日 2022-12-02 ジャンル 専門/全書・双書/医学・歯学・薬学
ISBN 9784840478342 判型 B5
内容紹介
●漢方薬やゲノム創薬を追加し、新カリキュラムはもちろん、看護学教育モデル・コア・カリキュラムにも対応した内容になりました。
●序章「看護学生が臨床薬理学を学ぶ意義」で、薬物療法における看護師の役割について解説し、学生の当事者意識を育みます。
●より疾患を意識した臓器別の章立てに刷新しました。実習・臨床に出てからも調べやすい構成です。また、臓器の解剖・疾患の病態を押さえながら薬物療法を解説することで、体系だった知識が定着します。
目次
著者略歴(柳田 俊彦)
宮崎大学医学部看護学科統合臨床看護科学講座臨床薬理学教授
著者略歴(赤瀬 智子)
横浜市立大学大学院医学研究科看護生命科学分野教授
他の書籍を検索する