『ネロ・ウルフの災難 激怒編』の詳細情報

ネロ・ウルフの災難 激怒編
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ネロ・ウルフの災難 激怒編
サブタイトル
著者 [著者区分]■レックス・スタウト [著・文・その他]
■鬼頭玲子 [翻訳]
出版社 論創社 レーベル 論創海外ミステリ
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 296p Cコード 0097
発売予定日 2023-03-09 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784846022211 判型 46
内容紹介
秘密主義のFBI、背信行為を働く弁護士、食べ物を冒涜する犯罪者。怒りに燃える巨漢の名探偵は三つの難事件を解き明かせるか? 腹に据えかねる数々の事件がウルフを悩ませる。
目次
 悪い連〝左〟
 犯人、だれにしようかな(イニ・ミニ・マーダー・モ)
 苦い話
 訳者あとがき
著者略歴(レックス・スタウト)
本名レックス・トッドハンター・スタウト。1886年、アメリカ、インディアナ州ノーブルズヴィル生まれ。1906年から二年間、アメリカ海軍に下士官として所属した。数多くの職を経て専業作家となり、58年にはアメリカ探偵作家クラブの会長を務めた。59年にアメリカ探偵作家クラブ巨匠賞、69年には英国推理作家協会シルバー・ダガー賞を受賞している。75年、死去。
著者略歴(鬼頭玲子)
藤女子大学文学部英文学科卒業。インターカレッジ札幌在籍。札幌市在住。訳書に『四十面相クリークの事件簿』、「ネロ・ウルフの事件簿」全3巻、『ロードシップ・レーンの謎』(いずれも論創社)など。
他の書籍を検索する