『〈線〉で読むディケンズ ~速記術と想像力 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 〈線〉で読むディケンズ
サブタイトル 速記術と想像力
著者 [著者区分]松本靖彦 [著・文・その他]
出版社 春風社 レーベル
本体価格
(予定)
3600円 シリーズ
ページ数 300p Cコード 0098
発売予定日 2022-05-13 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784861107474 判型 46
内容紹介
ディケンズの作品世界で繰り広げられるドラマを〈線〉にまつわる問題として捉え、人物造形における想像力の働き方を明らかにする。
目次
序章
第一部:ディケンズの速記と想像力
第一章:ディケンズの速記と人物造形
第二章:ディケンズとホガースの速記術
第二部:境界線をめぐるドラマ
第三章:大人と子どもの境界線―大人の中に子どもはいるのか
第四章:自他を隔てる境界線 (一)『大いなる遺産』―ピップは自分の人生の主人公になれるのか
第五章:自他を隔てる境界線 (二)『ドンビー父子』―フローレンス・ドンビーは父親の宝となれるのか
第三部:境目の想像力
第六章:生きているのか死んでいるのか―見世物小屋としての『骨董屋』と人形の死に様
第七章:いずれは死なねばならぬから―ディケンズの『骨董屋』『互いの友』とフロイトの『快原理の彼岸』
終章:結論―越境するディケンズ(の想像力)
著者略歴(松本靖彦)
松本靖彦(まつもと・やすひこ)
東京理科大学理工学部〔教養〕教授。専門分野は19世紀英米小説、ヴィクトリア朝文化、剣戟映画。
他の書籍を検索する